胎児への影響

つわりが落ち着いたとたん食欲旺盛に…赤ちゃんに悪影響?

つわりが過ぎ去ったとたんに食欲旺盛になってしまい、一気に体重が増えてしまったという相談が寄せられました。赤ちゃんに悪影響があるかという質問に対し、看護師さんたちは何と答えているでしょうか。

プレママからの質問:「つわりが落ち着き食欲も出て、体重増加が心配」

妊娠17週目です。2週間ほど前から、つわりがかなり落ち着いてきました。今まで食欲がなかったのが食欲旺盛になってしまい、2週間で体重が2キロも増えてしまいました。病院でも、体重は一気に増やさないでくださいと注意を受けてしまいました。食欲を抑えたいのですが、なかなか抑えられません。一気に体重が増えたせいか、身体も重く感じます。体重が増えすぎるのは赤ちゃんにも悪影響でしょうか。(20代・女性)

低体重児や流産、死産につながることも

急激な体重増加は妊娠中毒症を引き起こし、赤ちゃんの健康ばかりか生死にまでも影響するようです。

妊婦さんの体重の増加の目安は、1週間に200~300g、妊娠初期は2kg、中期は5kg、後期は3kgで、妊娠期間を通して8~10kgが理想です。急激な体重増加は妊娠中毒症を起こしやすく、妊娠中毒症になると血流が悪くなり、赤ちゃんに栄養が行き届かなくなり、低体重児や流産、常位胎盤早期剥離などのリスクが高まり、最悪の場合は死産に至ります。(産科看護師)
体重が増えても、出生時の赤ちゃんは約3kg、胎盤、羊水がそれぞれ約0.5kgですから、残りはお母さんに蓄えられます。血流が増えることもありますが、それ以上に脂肪が蓄積されると、産後の体型も戻りにくくなります。体重を増やさないために、散歩や体操などの運動を行ったり、食事のカロリーを減らしてください。(産科看護師)

和食中心を心がけ、ゆっくりよく噛んで

母体のためにも赤ちゃんのためにも、低カロリーの食材を使った和食をゆっくり噛んで食べる習慣をつけましょう。適度な運動も大切です。

食欲を抑えるのは難しいでしょうから、キノコ類、海藻類、大豆製品、野菜類など低カロリーのものを中心に、バランスのとれた食事で、ゆっくり噛んで食べるようにしてください。1回の食事量を少なめにして、数回に分けて召し上がってください。1度にたくさん食べたら、次の食事でコントロールしてください。妊娠中期ですと、1日の摂取カロリーは、約2000~2250kcalです。(産科看護師)
食事を制限することも大切ですが、油物や脂肪分が多いものを避けて和食中心の味付けの薄い食事を心がけましょう。間食は洋菓子を控えるように、適度な運動で体重をコントロールすることは、お母さんにとってもお腹の赤ちゃんにとってもとても大切なことです。(内科看護師)

体重の急激な増加は妊娠中毒症を引き起こし、早産や死産など深刻な結果につながりかねません。和食中心のバランスの取れた食事をゆっくりよく噛んで食べる習慣をつけるとともに、適度な運動を心がけましょう。


2016/01/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)