胎児発育不全

未熟児になりそうだが、後期に大きくなることはある?

お腹の赤ちゃんが順調に育っているか、妊婦さんは心配で仕方がないものです。妊婦健診で、赤ちゃんの体重が平均よりも少ないと指摘された妊婦さんからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

プレママからの相談:「健診で未熟児といわれたが、努力次第で大きくなれる?」

現在26週と2日です。妊婦健診に行ったところ、今のところ未熟児といわれてしまいました。そのときにいわれたのは「ご飯ちゃんと食べてる?」でした。エコーを見たり、胎動を聞く限り、赤ちゃん自身に問題もなく元気で、少し体重が平均より少ないだけとのことで、少し安心しました。後期に入ると、いきなり赤ちゃんが大きくなるとも聞いたことがありますが、そのような人は食生活などで、何か努力をされたのでしょうか。(20代・女性)

赤ちゃんが元気に成長していれば、心配なし

元気に成長しているのであれば、平均より少し小さくても問題ないようです。様子を見るよう教えてくれました。

赤ちゃんが元気に成長していれば、平均より小さくても心配ありませんが、できれば妊娠週に合った体重、身長に成長するよう、今後の経過をみてください。(産科・婦人科看護師)
妊娠26週の妊婦定期検診では、腹部超音波で胎児の頭部の大きさや大腿骨の長さ、頭部から臀部(お尻)までを測定して推定の大きさを計るため、多少の誤差も出ます。赤ちゃんが元気で、心拍や胎動もきちんとあるなら、それほど心配はないと考えます。妊娠26週目の胎児は成長が著しい時期で、成長には個人差もあるので、これから体重も増加していく可能性はあります。様子を見てはいかがでしょうか。(一般内科看護師)

食事はカロリーではなく、栄養を考えて

26週ころであれば、必要なカロリーはさほど多くありません。妊娠中の食事で気をつけるべき点について、アドバイスしてくれました。

お母さんの体重増加が少なく、未熟児といわれたのでしたら、赤ちゃんとともにお母さんの栄養不足が考えられます。妊娠26週でしたら、1日の摂取カロリーは2000~2250kcalで、さほど多くはありませんから、カロリーではなく栄養面を考えてみましょう。(産科・婦人科看護師)
この頃の胎児は、脳や身体が急成長し、五感が発達してきます。また、鼻の穴が開通し、目も開き始めます。赤ちゃんが急激に成長する時期ですので、色々な栄養を摂る必要があります。1回の食事量が少なくても、1日に30品目を目安にバランスのとれた食事を心がけてください。特に鉄分、カルシウム、ミネラル、タンパク質、ビタミンは多めに摂りましょう。一度に食べられない場合は、数回に分けて食べてください。(産科・婦人科看護師)
妊娠糖尿病になると発育不全や巨大児など、母子ともに悪影響が出ます。胎児を成長させようと暴飲暴食するのは病気のもとになるのでやめて、ケーキなど甘いものの食べ過ぎもできるだけ避けましょう。また、妊娠後期の9カ月から10カ月は胎児の体重もぐんぐん増加しますので、体重管理をしっかり行いながら、質のよい食事を摂ることをおすすめします。(一般内科看護師)

赤ちゃんが元気に育っていれば、平均より少し小さくても心配ないそうです。大きくしようと摂取カロリーを増やすのではなく、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。


2016/01/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)