睡眠不足

お腹の張りと胎動が激しすぎて夜眠れない…改善法は?

お腹の中で赤ちゃんが成長してくると、胎動もどんどん激しくなってきます。元気な証拠だとは思っても、あまりにも激しい胎動に夜まともに眠ることができないという相談に対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているのでしょうか。

プレママからの相談:「激しい胎動と、お腹の張りで夜中に目が覚めるが、よい対策は?」

妊娠26週目の妊婦です。昼間はあまり気になりませんが、夜になると赤ちゃんの胎動が激しくてなかなか寝付けず、力強いキックで目が覚めてしまいます。また、仰向けで寝ているとお腹が張ってくる感じがあり、それで目が覚めてしまうこともあります。今まで仰向け寝だったのでなかなかクセが抜けずにいますが、眠れないとやはりその日は体調がよくないです。夜中の激しい胎動やお腹の張りを、改善するよい方法はないでしょうか。(20代・女性)

寝るときはクッションなどを活用して横向きで

仰向けだと、大きなお腹に静脈が圧迫され血行不良となるため、ママにも赤ちゃんにもよくありません。クッションなどを使って、できるだけ楽な姿勢で寝るようにしましょう。

胎動は、赤ちゃんが元気に動いている証拠ですので止めることはできず、寝ているときにお腹を蹴られて目が覚めるという妊婦さんは大勢いらっしゃいます。今後、ますますお腹が大きくなると仰向けで寝るのがつらくなるため、クッションや抱き枕を使って楽な姿勢で横になってください。(産科看護師)
お腹が大きくなってくると、眠るのも一苦労ですよね。今までは仰向けで眠っていたようですが、横向きで眠ることをおすすめします。理由はお腹が張ることだけではなく、お腹が静脈を圧迫して血行不良を起こすため母体にも赤ちゃんにも大きな負担となり、翌日も体調不良となってしまうからです。(消化器科看護師)
胎動はどうしようもないですが、寝方を変えるだけで眠りやすくなるかと思います。今までの癖で、気づいたら仰向けになっているということもあるかもしれませんので、そのようなときは横向きになってから背中側に枕を入れて、身体を安定させるとよいでしょう。(消化器科看護師)

夜間の方が胎動を感じやすい

赤ちゃんは昼夜問わず動いていますが、ママは日中よりも、静かに過ごしている夜間の方が胎動を感じやすいようです。

お腹の赤ちゃんは常に動いているのですが、ママは日中動いているときよりも、横になったりリラックスしているときの方が胎動を感じやすくなります。胎動が強いのは、男の子だったり活発な子だという説もあります。夜に眠れないのは大変でしょうが、赤ちゃんが元気に成長している証拠ですので、お腹をさすって話しかけたり身体を温めたりしてください。(産科看護師)
お腹が張るときは安静を心がけ、夜眠れないのでしたら、昼間、赤ちゃんが大人しいときに休むようにしてみてはいかがでしょうか。(消化器科看護師)

胎動は赤ちゃんが元気なしるしとわかっていても、夜ぐっすり眠れないのはつらいですね。日中は休めるときに休むようにし、就寝中の体勢は、できるだけ横向きがよいとアドバイスいただきました。


2016/01/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)