こむら返り

妊娠7カ月頃から就寝中に足がつる…原因は?改善するには

妊娠してから、足がつりやすくなったという人は少なくないようですが、その原因は何なのでしょうか。カルシウムが不足しているとか、冷えがよくないなどといわれていますが、妊婦さんのこむら返りについて看護師さんたちに尋ねてみました。

プレママからの相談:「週3回程度、就寝中にふくらはぎがつってしまう」

現在、妊娠27週目です。7カ月に入った頃から週に2~3回、就寝中にふくらはぎがつるようになりました。明け方に特に左足がつり、しばらく伸ばしたりマッサージしたりしていると次第に治りますが、その後ひどい筋肉痛のようになってつらいです。寝るときに布団をかけていても明け方には外れていることがあり、冷えかな?とも思うのですが、カルシウム不足という話も聞きます。どうすれば改善できるでしょうか。 (30代・女性)

ミネラル不足や冷えによる血行不良が原因

妊娠中はミネラルや鉄分の不足、また、血行不良が原因で足がつりやすくなるようです。マグネシウムなどを含む食材を積極的に摂り、身体を温めるために軽い運動やストレッチをするとよいでしょう。

おっしゃるようにカルシウムやマグネシウムの不足、また妊婦さんだと鉄分不足が原因だともいわれています。繰り返すと、少し足を動かしただけでもつるようになるため、体調のよいときは散歩や軽いストレッチで足の運動を行ってください。(産科看護師)
足がつる原因は、ミネラル不足・血行不良・冷えの3つです。特に妊娠中は、ミネラル類は優先して赤ちゃんへの栄養に取られてしまうことや、血行不良によってつりやすくなります。(消化器科看護師)
食事は、カルシウムやマグネシウムを多く含むもの(乳製品・ほうれん草など)を中心に摂り、血行不良対策としては、体調がよければウォーキングなどの軽い運動を行い、寝る前に軽くストレッチをするとよいでしょう。就寝中に布団を蹴ってしまうのなら、締め付けないタイプの靴下やレッグウォーマーを使用してみてはいかがでしょうか。また、水分不足でもつることがあるので、寝る前にコップ1杯程度の水などを摂るとよいでしょう。(消化器科看護師)
妊婦さんでなくても、明け方に足がつることがあります。気温が下がるときにつりやすいので、足が冷えないよう入浴時にはよく温まって、ふくらはぎをマッサージしてください。(産科看護師)

足がつったときの対処法は?

足がつってしまったらどうすればよいか、看護師さんから次のようにアドバイスをいただきました。

足がつったらすぐにふくらはぎをマッサージしたり、足を伸ばした状態で親指をつまんで自分の方に引っ張ると改善しやすいです。しかしお腹が大きくなると体勢的に難しいので、壁に足をつけて壁を押すように、足を突っ張らせるとよいでしょう。(産科看護師)

気温が低くなる明け方につることが多いため、就寝中脱げにくいソックスなどを履いて、下半身の冷えを予防しましょう。また、ミネラルを含んだ食事を意識して摂るようにし、体調がよいときは軽い運動やストレッチなどを行い、身体を温めるようにしてください。


2016/01/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)