骨盤ベルト

妊娠後期、お尻や太ももに痛みが…骨盤ベルトで改善する?

妊娠の週数が進むと、腰痛などを訴える妊婦さんは多くなります。妊娠後期に入り、お尻や太ももに痛みが走るが骨盤ベルトはした方がよいかという相談に対し、看護師さんたちは何と答えているのでしょうか。

プレママからの相談:「妊娠8カ月から、お尻から太ももに痛みが…坐骨神経痛か?」

妊娠8カ月に入った頃から左のお尻から太ももにかけて痛みがあり、寝ていて起き上がるときや歩くときに、ゆっくりでないと痛くて動くのが困難です。インターネットで調べると座骨神経痛のようで、腰に負担がかかるためになると書いてありました。今のところ腰痛はないですが、固定するためのベルトをした方がよいのか、その際どのようなベルトを買うべきか悩んでいます。また仕事は続けても大丈夫でしょうか。立ったり座ったりの仕事です。(30代・女性)

骨盤の歪みや、筋肉などが引っ張られることが原因

お腹が大きくなってくると周辺の筋肉などが引っ張られたり、骨盤の歪みが原因で痛みが出るようです。骨盤ベルトは使用した方がよいようですが、歩くのもつらいようですので、一度、担当医に相談してみてはいかがでしょうか。

大きくなった子宮に腰椎が圧迫されたり、骨盤の歪みや姿勢が悪くなることで腰痛が起きたり、皮膚や靭帯が引っ張られることでお腹周りに痛みが生じます。医師から制限がなければ仕事を続けて構いませんが、やはり骨盤ベルトを使用してお腹を固定した方が、痛みも軽減して動きやすくなるでしょう。(産科看護師)
妊娠中にお尻が痛くなるのは、週数が進むにつれ骨盤が広がってくるからです。骨盤が広がることで筋肉や靭帯などが引っ張られた状態になり、痛みが出現します。(循環器内科看護師)
日常生活に支障をきたしているようですので、産婦人科の医師もしくは整形外科医に相談してはいかがでしょうか。恐らく坐骨神経痛だと思いますが、はっきりとした診断や仕事の継続については、やはり患者さんを一番よく知る担当医に確認した方がよいでしょう。(循環器内科看護師)

骨盤ベルトは産後も必要!

骨盤を固定するベルトは出産後も必要ですので、今のうちから準備しておいた方がよいと、看護師さんは説明しています。タイプがいくつかあるようですので、助産師さんなどと相談しながら選んでください。

骨盤ベルトは産後の骨盤矯正にも必要ですので、ぜひ購入してください。選ぶときは、お腹周りのサイズを測ってもらい、自身の体型に合ったものを選びましょう。マジックテープがついているものや伸縮性のあるものでしたら、体型の変化に対応できます。着用の仕方も、お店の方や助産師に指導してもらってください。(産科看護師)
骨盤を矯正するタイプのベルトがよいといわれていますので、一度、産院に相談してみてください。(循環器内科看護師)

妊娠後期になると、腰やお尻周辺に痛みが現れるのは珍しいことではないようです。日常生活に支障が出ているようですので、骨盤ベルトの件も含め、一度、担当医に相談してみてはいかがでしょうか。


2016/01/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)