体重管理

妊娠28週、1カ月で体重2kg増…食事量は同じなのになぜ?

つわりが終わり普通に食事がとれるようになると、今度は体重管理に悩まされるようになります。食べる量は増えていないのに、なぜか急激に体重が増えてしまったという悩みに対し、看護師さんたちは何といっているのでしょうか。

プレママからの相談:「それほど食べていないのに、急激な体重増加の原因は?」

妊娠28週目です。つわりが落ち着いて食欲が改善し、妊娠前のように食事を摂れるようになりましたが、体重が1カ月で2kgも増えてしまいました。妊娠中に太りすぎると、難産や赤ちゃんに悪い影響を与えることがあると聞き心配です。食事量自体は妊娠前と同様、もしくはやや少な目ですが、それでも体重が増えてしまうのはなぜでしょうか。何かよい対策を教えてください。(20代・女性)

同じ量でも低カロリーのものを

今のところは許容範囲内のようですが、妊娠中は運動不足などが原因で、どうしても太りやすくなります。同じ量を食べるにしてもカロリーが低いものや、腹持ちのよい低GI食品などを取り入れてみるとよいでしょう。

体重が増えすぎると産道に脂肪がつき難産になるといわれますが、主治医から特に指摘がなければ今のところは許容範囲内ではないでしょうか。妊娠週数からも週に300~400g程度は増えますし、ホルモンの影響などで便秘がちになることもあり、体重が増えやすいといわれています。(循環器内科看護師)
妊娠中は運動不足になりがちで代謝も悪くなりますので、同じ量を食べても太る傾向にあります。また食事量は変わらなくても、ついついお菓子や甘い物をつまんだりしてカロリーを摂りすぎていませんか?妊娠中は様々な栄養素が必要ですが、脂肪分の多いものや甘い物を多く摂る必要はないので、食事内容を見直してみてください。(産科看護師)
一般的に妊娠中の体重増加は1週間で300g程度、妊娠中期は+5kg未満に抑えるのが理想です。急激な体重増加は難産になりやすく、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)のリスクが高まるため、妊娠28週の必要摂取カロリーは2000~2250kcalですが、赤ちゃんが順調なら少しカロリーを減らしてもよいでしょう。(産科看護師)
インターネットで低GI食品と検索すると、各食品のGI値(腹持ちのよさ)が表示されると思います。同じ量でもGI値が低い方が満腹感を得られ、カロリーも低く太りにくいです。(循環器内科看護師)

食べ方にひと工夫を!

食事は、食べる順番を工夫するだけで満腹感が変わってくるようですし、便秘気味の方だと腸内環境を整えることで、体重増加が抑えられるかもしれません。

食べないのではなく食べる順番を変える、食品を置き換えるという方法を実践してみてはいかがでしょうか。コース料理のように、サラダやスープを食べてから主食を食べるようにするだけでも違います。(循環器内科看護師)
便秘で体重が増えている可能性を考慮して、ヨーグルトや納豆、キムチやぬか漬けなどの発酵食品を摂ると、お腹の動き自体がよくなり便秘解消にはよいかもしれません。(循環器内科看護師)

週数的にはまだ大丈夫なようですが、今後、さらに急激に体重が増えてしまうことも考えられます。今のうちから、低カロリーな食事をバランスよく食べるように心がけ、アドバイスいただいた低GI食品なども試してみてください。


2016/01/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)