肌トラブル

デコルテや足に吹き出物が…以前はなかったが妊娠のせい?

妊娠はおなかが大きくなってくるだけでなく、いろいろなところに影響が出てくるといわれています。肌の調子が変化するのも、妊娠の影響なのでしょうか。

プレママからの相談:「身体にできるニキビと妊娠の関係とは?」

38週の妊婦です。妊娠後、顔のニキビはあまり出なくなりましたが、デコルテ部分や足などにニキビか吹き出物のような湿疹がプチっとできるようになりました。我慢できなくてつぶしてしまいます。今まで身体にこういった吹き出物が出たことはあまりないので妊娠の影響だと思っていますが、実際はどうなのでしょうか。(30代・女性)

妊娠が原因で肌トラブルが起こる?

今まであった肌トラブルが解消し、逆に今までなかった肌トラブルが出現…。妊婦さんに起こる変化の中で、お肌の調子というのも妊娠の影響なのか専門家にうかがってみました。

妊娠したことでホルモンが変化した可能性があります。さらに、妊娠中は代謝の変化から皮膚が敏感になることがあり、上のお子さんがいるようでしたら、育児の疲れやストレスなどで肌トラブルは起きやすい環境です。(産科看護師)
デコルテ部分は顔のおでこや鼻と同じくらい汗が出やすく、皮脂がたまりやすい場所です。ですから、もともと吹き出物が出やすい場所なのです。吹き出物ができる場所は、人それぞれですので足にもできますし、もちろん顔にもできてしまいます。(看護師)

妊娠中の肌の不調への対処法

ホルモンバランスの変化やストレスなど、妊婦さんは肌トラブルの起こりやすい環境にいるといえそうです。では、どのような点に気をつけて生活すれば改善できるのでしょうか。

病院に行っても妊娠中ということで使用できる薬は限られるようですが、自己判断で薬を使用するのは危険かもしれません。吹き出物ができても潰さず、肌に優しい天然成分のみの石けんに変えてみたり、その他にも吹き出物が出ないように対策をする方がよいでしょう。(看護師)
肌の清潔を心がけ、洗顔料は低刺激のものを使用してください。体質が変わっていますから、今まで使っていた化粧水などが合わなくなっている場合もあります。湿疹がある部分には、化粧水がつかないようにしてください。(産科看護師)
食事はビタミン類を多めにとって、ストレスをためないようにし、睡眠をしっかりとるようにしてください。気になるようでしたら、皮膚科を受診してください。(産科看護師)
感染の可能性がありますから、湿疹は無理に潰さず、自然に潰れるのを待ってください。(産科看護師)

妊娠によって変わっている体質に合わせて、刺激の少ない天然素材の化粧品に変えてみたり、ビタミンを多めに摂取すること。改善しないようでしたら、自己判断で市販の薬を使用せず、皮膚科に相談してみるのがよいようです。


2016/01/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)