出産への不安

出産ってどれぐらいの痛み?不安を乗り越え、痛みを和らげる方法

妊婦さんやそのご家族は、お腹の赤ちゃんとの対面を楽しみに過ごされていることでしょう。母親となる日を想像し感動の瞬間をイメージする一方で、出産予定日が近づくにつれて陣痛や出産の痛みへの不安が増す妊婦さんは多いと思います。気になる陣痛や出産の痛みについてお伝えします。

そもそもなぜ出産は痛いのか?

お腹で育った赤ちゃんが外に出るためには、狭い産道を通らなければなりません。もともと狭い場所が引き伸ばされるということは、それだけ痛みが生じるということです。ただ、ひとくちに「出産の痛み」といっても、分娩の進み具合によって痛む理由や場所は異なります。
まず、出産の準備が整うと陣痛が起こります。陣痛の痛みはお産に向けて子宮が収縮することによるものです。臨月になって出産が近づくと、不規則な間隔で子宮が収縮し痛みが生じる「前駆陣痛」を経験する人もいますが、子宮の収縮による痛みが規則的な間隔でくるのが「陣痛」です。
陣痛は、痛みがあって、しばらくのあいだは痛みがなくなる、というのを繰り返す特徴があります。痛くないあいだは、騒がずにゆっくり落ち着いて過ごしましょう。出産に向けての体力温存につながります。
陣痛の間隔が短くなって赤ちゃんが下におりてくると、子宮の出口である子宮口が開いて引き伸ばされ、下腹部や腰を中心に痛みが出ます。さらに分娩が進んで赤ちゃんがもっと下におりると、膣や外陰部も引き伸ばされます。すると、外陰部や肛門などにも非常に強い痛みが生じます。この部分の痛みは、赤ちゃんが生まれる直前、つまり分娩室に移動して分娩台に乗って子宮口が全開になる頃に最も強くなっていきます。
このほか出産に伴う痛みには、産後に子宮が元に戻ることに伴う「後陣痛」や、帝王切開後の傷の痛みなどもあります。

陣痛と出産はどれぐらい痛いの?

痛みを評価するための質問票である「疼痛質問票」を使った調査では、出産に伴う痛みは骨折の痛みなどよりも強く、指を切断する痛みに匹敵することがあるとわかりました。これを聞いただけで恐怖を感じる人も少なくないでしょう。けれども痛みの感じ方には個人差があり、陣痛や出産に伴う痛みも人によって感じ方は異なります。
母子の状態によっても痛みの程度は変わってきますし、陣痛はひどく重い生理痛程度で、出産のときは痛みもなく赤ちゃんがするっと出てきたという人もいます。また、経産婦に比べて初産婦のほうが痛みを強く感じやすいこともわかっています。1人目は痛くても、2人目や3人目はそこまで痛くなかったという人も多いようです。

出産の痛みをたとえた面白名言集

出産の痛みは、体験した人でないとわからないものでしょう。出産経験のある女性たちは、その激痛をさまざまな言葉で表現しています。よく耳にするのが「鼻からスイカが出てくる」というたとえではないでしょうか。ほかには「生理痛を重くした感じ」や「下痢のひどい感じ」「腰を砕かれる感じ」などともたとえられるようです。
株式会社ベネッセコーポレーションの「ウィメンズパーク」というサイトが行ったアンケートでは、「陣痛の痛みを例えると?」という質問に対してさまざまな回答がありました。その中からいくつか紹介します。


・お腹の上から鉄球を落とされている感じ
・マグマが出てきそうな感じ
・お腹に風船が入って破裂するまで膨らまされている感じ
・腰にエンジンがついていて、今にも飛び出しそう
・下腹にお相撲さんが乗っかってる感じ
・この世のものとは思えない痛み
・体調不良でトイレから出られない、果ての見えない感じ

このように、出産を経験した人たちはさまざまな言葉で出産の痛みを表現しています。ただ、アンケート結果をみると「たとえられない」という答えも多く見られました。

もともと痛みに弱くて、出産が不安…出産時の痛みを和らげるための方法

出産時の痛みについて知れば知るほど大変だと思って不安な気持ちになる人もいることでしょう。無痛分娩などの方法を選択しない限り、たいていの場合は多かれ少なかれ出産の痛みを避けて通ることはできません。そこで、少しでも痛みを和らげる方法を探してみましょう。
過去に行われた調査によると、産院で行われる産痛(お産に伴う痛み)を緩和する方法として最も多かったものは、体位変換でした。つまり、自分にとって一番リラックスできる体位を探すということです。お産の痛みは時間をかけてどんどん強くなります。ですから、痛みのピークを迎える前に無理のない範囲でいろいろな体位を試し、よりリラックスできる姿勢を見つけましょう。また、呼吸法を変える、マッサージをする、他のことに意識を集中する、歩くなどで痛みが和らぐ場合もあります。パートナーやご家族、助産師さんに腰などをさすってもらうことで、多少痛みが緩和することもあるでしょう。
とはいえ、実際に陣痛が強くなってくると痛みを我慢するのに必死で、いろいろな方法を冷静に試す余裕もなくなりがちです。そんなときは、医師や助産師に自分の状態を伝え、痛みを緩和できるようにサポートをしてもらいましょう。
なお、病院によっては、陣痛緩和法としてアロマセラピーや指圧などを行っている施設もあります。出産時の痛みに対する不安が大きい人は、陣痛緩和ケアに力を入れている病院を探すのも方法の一つです。また、事前に先輩ママの体験談を読んで参考になりそうな方法を見つけたり、安心できるグッズなどを準備しておいたりするのもよいでしょう。

痛みの少ない「無痛分娩」とは

最近、痛みの少ない「無痛分娩」という出産方法を選択する人が増えています。
無痛分娩は麻酔薬を使ってお産の痛みを緩和するもので、俗に「和痛分娩」と呼ばれることもあります。とはいえ、開腹手術などをするときのような、意識がなくなるような麻酔は一般的には避けます。赤ちゃんにも麻酔がかかってしまうのを防ぐためです。先に述べたように、お産の痛みは子宮の収縮や子宮口、膣、会陰などが引き伸ばされることによるもので、痛みは神経を含む脊髄を通って脳に伝えられます。日本では、この脊髄の付近にある「硬膜外腔」にカテーテルを挿入し、麻酔薬を打つ「硬膜外鎮痛法」が一般的です。

無痛分娩のメリット
通常のお産、つまり無痛分娩でない経腟分娩では、妊婦さんが痛みを感じているときに赤ちゃんへ送られる酸素が少なくなります。この酸素量の減少は、お母さんの身体に異常がない場合には大きな問題にはなりません。でも、肺や心臓の調子が悪い場合や妊娠高血圧症候群にかかっている場合は、お産時の酸素量の減少が安産にとって悪い影響を及ぼす可能性があります。その点、痛みを伴わない無痛分娩では酸素量の減少を抑えられるため、母子の負担を軽減できるというメリットがあります。
他にも、無痛分娩を経験した人の中には、お産による体力の消耗を抑えられ、産後の体力の回復も早まって、ゆとりをもって育児に取り組めたと感じる人もいるようです。

無痛分娩の副作用
一方で無痛分娩には副作用もあります。よくみられる副作用は次のようなものです。


・足の力が入りにくい
・血圧が下がる
・尿をしたい感覚(排尿感)が弱まる
・かゆみが生じる
・体温が上がる

また、まれではありますが次のような副作用が現れることもあります。


・硬膜外腔にカテーテルを挿入する際に硬膜が損傷し頭痛を引き起こす(硬膜穿刺後頭痛)
・局所麻酔の量が多すぎる、あるいは血管に麻酔薬が入ってしまうことによって、耳鳴りや舌のしびれなどの症状が現れ、悪化した場合はけいれんや不整脈が起こる(局所麻酔薬中毒)
・太ももやお尻に電気が走るような感覚が現れる
・麻酔薬が硬膜外腔ではなく脊髄くも膜下腔という場所に入ってしまうと、急激な血圧の低下、呼吸障害、意識障害を引き起こす
・硬膜外腔や脊髄くも膜下腔に血のかたまりができて神経を圧迫し、神経の障害が起こる

このように、無痛分娩にはメリットがある反面、副作用や危険もあります。無痛分娩を検討している人は、主治医と相談し、納得した上で分娩方法を決めるようにすることが大切です。

出産で行う会陰切開の痛みは?

会陰切開とは、分娩中に膣と肛門の間にある会陰を切開することです。赤ちゃんがおりてくると、それに伴って会陰部も伸びますが、充分に伸びずに裂けてしまう可能性があるときや、赤ちゃんの状態から会陰部が充分に伸びるのを待てないときなどに会陰切開が行われます。個人差はありますが2~3㎝ほど切開します。出産後は胎盤などが出てきた後に医師によって縫合され、退院の際に抜糸が行われます。ただし、時間が経つと体内に吸収される糸が使用される場合には抜糸は行われません。

痛みの程度は? 切る時より縫う時のほうが痛いって本当?
では、会陰切開はどのくらい痛むのでしょうか。切開すると聞くと、それだけで強い痛みがあるのではないかと心配する人もいるでしょう。でも、切開時の痛みよりも出産の痛みのほうがはるかに上回ります。そのため、「かえって出産後の縫合のほうが痛い」と感じる人も珍しくないようです。

痛みはいつまで続く?
個人差はありますが、切開した部分の痛みは長くても1ヶ月程度で落ち着きます。痛みが続くようであれば、タイミングを見計らって産後の健診時などに相談するようにしましょう。

今回は出産の痛みについてお話ししましたが、結局はそのときになるまでどんなお産になるかはわかりません。助産師さんやご家族と一緒に、自然な流れに身を任せて自分で産むという気持ちを持つことが大切です。赤ちゃんとの幸せのご対面、そして子育てが始まるまでもう少しです。最後はご自分や赤ちゃんの命を信じましょう。無事に元気な赤ちゃんが生まれることを祈っています。

参考URL
ベネッセ 「陣痛・出産の痛みはどんな感じだった?」
日本産科麻酔学会 「無痛分娩Q&A」
澤龍一 近藤有希 海老名葵 小野玲「分娩時間が産後腰骨盤痛に与える影響」
厚生労働省 「「無痛分娩」を考える妊婦さんとご家族の皆様へ」
こそだてハック 「会陰切開で痛みは感じる?いつまで続くの?傷跡は残る?」
日本助産学会 「エビデンスに基づく助産ガイドライン 妊娠期・分娩期2016」

執筆者:南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー。株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での勤務を経て、とらうべ 社設立。医療職が企業人として女性の一生に寄り添うことを旨とし、30年にわたって各種サービスを展開中。

監修者:株式会社 とらうべ
助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの医療職や専門家が在籍し、医師とも提携。医療や健康、妊娠・出産・育児や女性の身体についての記事執筆や、医療監修によって情報の信頼性を確認・検証するサービスを提供。

2019/02/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

保健・衛生・妊娠・育児コンサルタント株式会社とらうべ