皮膚トラブル

赤ちゃんの肌に湿疹が…かゆがらないが、次第に落ち着く?

生まれたばかりの赤ちゃんによく見られるという乳児湿疹。早く治してあげるためには、いったいどんな点に気を付けてあげたらよいのでしょうか。

ママからの相談:「乳児湿疹が出たときのお風呂上りの保湿はどうする?」

赤ちゃんに乳児湿疹ができてしまいました。かゆそうな感じはありませんが、赤くなっています。お風呂のたびに赤ちゃん用ソープで洗っていますが、このまま続ければ落ち着くのでしょうか。保湿は特にしていませんが、湿疹が出ていてもお風呂上がりに赤ちゃん用のクリームなどを使った方がよいのでしょうか。(20代・女性)

乳児湿疹っていったい何?

生まれて間もない赤ちゃんのやわらかな肌。そのデリケートな肌に湿疹ができてしまうと痛々しいですね。まず、乳児湿疹とはいったいどのようなものなのか、専門家に聞いてみました。

乳児に起きる湿疹・皮膚炎を総称して乳児湿疹と呼び、乳児脂漏性湿疹、新生児ニキビ、アトピー性皮膚炎、おむつかぶれ、あせもなども乳児湿疹の一種になります。(看護師)
カサカサするもの、べたべたするもの、すべて乳児湿疹といわれます。湿疹の中でも顔面や頭部など、脂分の分泌が多い部分に見られるものは脂漏性湿疹といいます。身体にはできず顔から上にできるのが特徴で、黄色いかさぶたのようなものができます。(産科看護師)
産まれたばかりの赤ちゃんの皮膚はとても敏感です。様々な皮膚のトラブルが起きやすくなっています。また、母体からのホルモンの影響で皮脂分泌が活発なため、皮脂が毛穴に詰まってトラブルの原因となります。(看護師)
新生児ニキビなら1カ月ほどで改善します。多くの新生児に見られる脂漏性湿疹は、症状が悪化すると炎症を起こし赤く腫れてきます。(看護師)
産まれて間もない赤ちゃんの湿疹がアトピーなのか、湿疹なのかは判断が難しいところです。乳児湿疹であれば1歳くらいまでには改善されますが、アトピーの場合は症状が続きますので、しばらく皮膚の状態を見る必要があります。浸出液がある場合は、まず皮膚科を受診してください。(産科看護師)

赤ちゃんのスキンケアの仕方とは

ひと言で「乳児湿疹」といっても、原因や症状によって、いろいろなものがあるのですね。毎日のケアで改善していくには、どのようなスキンケアをしてあげるのがよいのでしょうか。

沐浴時は赤ちゃん用のボディーソープや石けんをよく泡立てて、手のひらやガーゼで優しく洗います。ごしごしこするのではなく、くるくるマッサージする感覚で、しっかり汚れを落とすように洗ってください。かさぶたがあれば無理にはがさず、自然にはがれるのを待ちましょう。(産科看護師)
生後2週間くらいから現れる新生児ニキビの場合は、まず清潔を保つようにします。また、石けん成分が残らないように、しっかり洗い流しましょう。(看護師)
症状がひどいときは石けんを使用せず、お湯で流す程度にしてください。沐浴後はベビー用の保湿ローションやクリームでケアしてあげてください。(産科看護師)
かゆい様子はないということですが、赤ちゃんが寝ているうちに引っかいて悪化してしまうことを防ぐためにミトンをつけるとよいでしょう。(看護師)
クリームやローションなどは、赤ちゃん専用のものの中でも、低刺激性の商品を選んでください。改善が見られないときは、赤ちゃん健診のときに医師や助産師に相談してみることをおすすめします。(看護師)

まずは、赤ちゃん用の低刺激のケア製品で優しく洗浄、保湿してあげること。また、症状が続く場合、さらなる悪化を防ぐためにも、早めにお医者様や助産師さんに相談してみるのがよいようです。


2016/01/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)