皮膚トラブル

生後1週間なのに頬がガサガサ…病院に行った方がいい?

赤ちゃんの肌はとてもデリケート。ほっぺがカサカサになっていると、とても気になります。今回は赤ちゃんの肌に関する質問です。ほっぺの肌荒れに赤ちゃん用ローションを塗ったところ、しみるようで大泣きしてしまいました。病院に行くべきか悩むお母さんに、専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

ママからの相談:「生後1週間の子の頬がガサガサなのは、乾燥肌?」

生まれて1週間の我が子の頬が、肌荒れですごく痛そうです。触るとガサガサしており、ところどころ皮がむけかかっています。乾燥かなと思い、赤ちゃん用のローションを塗っていますが、しみるようですごく泣きます。なかなか効果が現れず、乾燥以外に原因があるのでしょうか。病院に行って何か薬を処方してもらった方がよいのでしょうか。(20代・女性)

石鹸やローションが合わないのかも。自然素材や無添加のものを

石鹸やローションが合っていない可能性も。刺激に敏感な赤ちゃんには自然素材や無添加のものを選びましょう。

赤ちゃんは、皮脂の分泌が多いこと、涙やよだれ、汗などで皮膚湿疹ができやすい傾向にあります。身体を洗う石鹸が合っていないのかもしれませんから、赤ちゃん用の低刺激のものや無添加のもので、よく泡立ててから、優しく洗い、石鹸が残らないように、しっかりすすぎとってください。(産科・婦人科看護師)
赤ちゃんの肌は敏感で、肌のバリア機能もまだまだ未熟ですので、外界の温度に影響されます。肌にしみるようでしたら、現在使用しているローションが合っていない可能性もあります。合わないものを使い続けていると、悪化してしまいます。赤ちゃん専用の商品はたくさんありますので選ぶのも迷ってしまいますが、低刺激、無添加のものを選ぶようにするとよいでしょう。(一般内科看護師)
赤ちゃんの保湿剤には、クリームやローション、オイルなどがあり、お子さんに合ったものを選びましょう。最初は小さい範囲で試してから使用してください。また、馬油、ワセリンなど自然素材や、添加物が少ないものの方が、効果がある場合もあります。(産科・婦人科看護師)

改善しない場合はアトピーの可能性も。皮膚科の受診を

石鹸やローションを変えても改善が見られない場合は、アトピーの可能性もあります。皮膚科を受診し、お医者さんに診てもらいましょう。

症状が改善しないようでしたら、アトピーの可能性もあります。早めに病院を受診してください。小児科より皮膚科の方がよいでしょう。(産科・婦人科看護師)
クリームやベビーオイルはローションに比べ、保湿効果も高めです。かゆがる様子があれば、アトピー性皮膚炎も疑われますが、生後、間もない赤ちゃんは、アトピー性皮膚炎なのか、湿疹や乾燥なのか、判断するのは難しいところです。(一般内科看護師)
ローションを変更しても変化が見られないときは、小児科や皮膚科に相談しましょう。乳児健診があるようでしたら、助産師に聞いてみてもよいでしょう。(一般内科看護師)

痛々しい赤ちゃんのほっぺの肌荒れは、普段使っている石鹸やローションが原因かもしれません。デリケートな赤ちゃんの肌のために自然素材や無添加のものを選びましょう。改善が見られないようであれば、アトピーの可能性も考えられます。皮膚科を受診して、お医者さんに診てもらいましょう。


2016/01/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)