生まれつき爪が長目の赤ちゃん…いつから切り始める?

生まれてまもない赤ちゃんだと、爪をいつから切っていいのか悩んでしまいます。今回は赤ちゃんの爪に関する相談です。とっても小さな赤ちゃんの爪を、きちんと切れるか不安な新米ママに、看護師さんが上手に切る方法を伝授してくれました。

ママからの相談:「子どもの爪はいつから切ったらいい?」

うちの子どもは生まれたときから、他の子より爪が伸びています。そのため、出産直後から顔には自分でつけたひっかき傷が多くあり、入院中にお医者さんに相談しましたが、自然なことだから気にしないでいい、といわれました。それでも気になり、退院後は手袋を着けさせていますが、寒い季節でもないのに手袋をつけさせられている子どもがかわいそうです。子どもの爪はいつから切っていいのでしょうか。(20代・女性)

伸びていたら切って大丈夫。こまめに爪のチェックを

生まれてすぐの赤ちゃんでも、爪が伸びていたら切っても問題ないようです。赤ちゃんの肌はデリケートで、傷つきやすいため、むしろこまめにチェックして、伸びていたら切ってあげましょう。

赤ちゃんの成長には個人差があります。先生の言葉どおり、あまり気にする必要はないと思います。赤ちゃんの肌はデリケートなので少し引っかいただけでも傷になってしまいます。こまめに爪をチェックして、爪が指先より伸びていたら、切ってあげるようにしましょう。(一般内科看護師)
一度に全部を切らなくても、気になる部分だけ、数本の指だけでもかまいません。赤ちゃんの爪は伸びるのが早いです。気になるお母さんは週に1~2回は切っているようです。(産科・婦人科看護師)

ベビー専用の爪切りが安全。深爪に気をつけて

とても小さな爪を切るにはやはり赤ちゃん専用の爪切りハサミを使うのが安全です。切るタイミングについては、沐浴後がよいという声と、沐浴後は深爪しやすいという声が寄せられました。

生後間もない時期でも、爪が伸びているのでしたら、切ってあげてください。爪切りではなく、赤ちゃんの爪用のはさみがありますので、ベビー用品店で探してみてください。爪を切るのは沐浴後、爪がやわらかくなっているときがよいです。起きているときより、寝ているときが安全に切ることができます。(産科・婦人科看護師)
爪切りは、赤ちゃん専用の安全な爪切りで切るのがよいでしょう。沐浴後に爪を切りたいところですが、赤ちゃんの爪はやわらかいため、沐浴後だと深爪の原因になってしまいます。授乳中や寝ているときを見計らって切るようにするとよいでしょう。(一般内科看護師)

赤ちゃんの爪は、しっかり握って両端から切る

爪の切り方について具体的なアドバイスが寄せられました。

赤ちゃんの手をしっかり握って、爪の端から指の形に添って、少しずつ切ってください。深爪にならないように、白い部分を少し残すようにしてください。最初は怖いかもしれませんが、慣れてくると要領よくできるようになります。 (産科・婦人科看護師)
切り方は、爪の両端から始めて、最後に真ん中を切るようにします。嫌がる場合は無理をせず、残った部分は落ち着いてから切るようにしましょう。(一般内科看護師)

生まれてすぐでも爪は切ってもいいようです。最初のうちは怖いと思うかもしれませんが、少しずつ伸びている分だけでも切ってあげましょう。赤ちゃんは爪が伸びるのが早いです。こまめにチェックしてあげましょう。


2016/01/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)