授乳量

おっぱい足りてないかも…母乳の量はどうしたらわかる?

ミルクと違い、飲んだ量がわかりにくい母乳。赤ちゃんがお腹いっぱい飲めているか、気になるママも少なくありません。赤ちゃんが飲んでいるときに、しっかりと量が出ているか知るには、どうしたらよいのでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「母乳が出ているか不安なときの対処法は?」

生後3週間の赤ちゃんがいます。母乳があまり出ているとは思えず、赤ちゃんの栄養として足りているのか不安です。自分で搾ってみても哺乳瓶に、なみなみとたまるほどではありません。おしっこや便はありますが、小さく生まれたため、普通はどのくらいの量なのかがわからず、体重もどのくらい増えているのが正しいのかもわかりません。母乳が足りているか知る方法を教えてください。(20代・女性)

体重が増えているかチェックして。ご機嫌や寝つきも判断材料に

体重が増えていれば足りているといえそうです。赤ちゃんのご機嫌や、寝つきも判断材料の一つになります。

母乳は飲んだ量が把握できませんので、足りているか心配かと思います。母乳が足りているかどうかは、赤ちゃんの体重や排泄物、機嫌のよさや寝つきで判断します。(産科・婦人科看護師)
一般的に体重が成長曲線内でしたら心配ありません。目安としては、生後3カ月までは1日200~300gの体重増加ですが、少しくらい少なくても神経質になる必要はありません。(産科・婦人科看護師)
基本的には体重の増加です。まだおっぱいの出もよくないと思いますし、赤ちゃんの吸う力も弱いので、一度にたくさん飲めなくても心配しないでください。おっぱいの出をよくするためには、なるべく吸ってもらうことです。あきらめず母乳栄養を続けてください。(産科・婦人科看護師)

排泄も参考にして。1日6回以上おしっこしていれば大丈夫

おしっこの回数も参考になります。1日6回以上おしっこしているかチェックしましょう。

おしっこの回数が5回以下、うんちが2,3日に1回、授乳と授乳の間隔が1時間程度、寝つきが悪く、おっぱいから離れないなどがあれば、母乳不足と考えられますが、赤ちゃんの機嫌が悪いのは他にも原因があります。あくまでも目安にしてください。(産科・婦人科看護師)
おしっこ、うんちが出ていれば心配ないと思います。おしっこの色が濃い黄色から茶色で、回数が少ないならば量が少ないのかもしれませんが、1日に6回以上出ているか気にしてみてください。体重が少なく生まれたとのことですが、平均の子に比べ、体重の増えが少ないからいけないと思う必要はありません。赤ちゃんの機嫌が悪くない、体重が少しずつでも増えているのであれば、心配しなくてもよいと思います。(循環器内科看護師)

母乳はどれだけ飲んだか、目に見えてわかりにくいため、足りているのか心配になりますが、体重が増えているかチェックするようにしましょう。また、おしっこの回数も参考になります。1日6回以上していて、ご機嫌も寝つきもよければ、心配しなくてもよいようです。


2016/01/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)