皮膚トラブル

赤ちゃんのほっぺが乳児湿疹で真っ赤に…母乳が原因?

赤ちゃんのほっぺが湿疹で赤くなってしまうのは、母乳のせいなのでしょうか。お母さんの食事に含まれていた成分が赤ちゃんにアレルギーを引き起こす可能性はあるのでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「生後3週間、頬が赤くなってしまったのは私の食事と母乳のせい?」

生後3週ですが、頬が赤くなり、ジュクジュクしてきました。完全母乳ですが、私の食事に含まれているものが原因では?と心配です。皮膚科医では、乳児期にはつきものだから、といわれ、保湿剤とステロイドの弱いものを処方されました。この時期は「悪いものを出す」ともいわれましたが、どういう意味なのでしょうか。また母乳に含まれるものがアレルギー症状として出てくるのは、生後どのくらいでしょうか。(30代・女性)

母乳でアレルギーが起こることはない。様子を見て対処して

アレルギーが遺伝することはあっても、母乳を通じてアレルギーが起こることはないようです。幼児期に肌トラブルは起こりがちです。様子を見て対処しましょう。

「悪い物を出す」というのは、お母さんからもらったホルモンで、不要なものを出すことかと思います。両親、または片方がアレルギー体質の場合、お子さんにもその体質が遺伝する場合がありますが、お母さんが食べたものが母乳を通して、乳児にアレルギーを起こすことはありません。(産科・婦人科看護師)
生後間もない赤ちゃんは皮膚が薄いため、皮膚の下の毛細血管が皮膚を赤らめていて、これが赤ちゃんと呼ばれる由縁ともいわれますが、赤ちゃんの皮膚は大人に比べてデリケートです。母乳に含まれるアレルギーを心配されているようですが、量はかなり少なく、今の時期にアレルギーが起きるとは思えませんし、症状からも異なると思います。(皮膚科看護師)
離乳食が始まれば別かもしれませんが、皮膚科の先生がいうように乳児期にはつきもので、経過とともによくなります。(皮膚科看護師)

肌がデリケートな時期。洗い過ぎても足りなくても肌荒れに

赤ちゃんは皮脂の分泌が多いですが、皮脂には肌を守る役目もあります。洗い過ぎても、洗い足りなくても、お肌のトラブルの原因になりますので注意しましょう。

生後3カ月までは赤ちゃんは皮脂の分泌が多く、特に顔はよだれや汗、涙で汚れやすく、湿疹ができやすい傾向にあります。またお母さんからもらったホルモンの影響もあります。(産科・婦人科看護師)
原因としては、洗いすぎや、逆に洗い足りない可能性、 またボディーソープの使いすぎが考えられます。皮脂の分泌が多いので、洗わなければつまったりしますし、洗いすぎても皮膚のバリア機能が低下します。(皮膚科看護師)
赤いブツブツで、ニキビのようなものでしたら、清潔にすることで改善されます。よだれや涙で汚れたときは、濡れたガーゼなどで優しく拭きとってください。赤ちゃん用や低刺激の石鹸で、よく泡立ててから、優しく汚れを落とすように洗ってください。(産科・婦人科看護師)
心配する気持ちはわかります。私の子もそうでしたが、月齢を重ねていくうちに自然とよくなっていきました。塗り薬をもらっているのであれば、処方内容を守って経過をみてください。(皮膚科看護師)

母乳を通じてアレルギーが起こることはないようですね。皮脂の分泌が多い時期ですが、洗い過ぎもよくありません。様子を見て対処していくようにしましょう。


2016/01/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)