ミルク育児

2016/01/30

赤ちゃんがミルクを飲まない!どうしたらいい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

赤ちゃんがミルクを飲まない!どうしたらいい?

ミルクを飲んでくれない赤ちゃんに悩むママは少なくありません。おっぱいが足りなくて泣いているのに、ミルクを飲んでくれないと途方に暮れてしまいます。どうしたらミルクを飲んでくれるでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「赤ちゃんがミルクを飲んでくれない」

母乳の出が悪いのか、足りないようで、よく泣きます。ミルクを足したいのですが、哺乳瓶の乳首を嫌がり、まったく飲んでくれません。病人が水を飲む吸い口の容器で与えてみましたが、やはり上手に吸うことができず、怒って泣いています。どのような方法で与えればミルクを飲んでくれるでしょうか。(20代・女性)

母乳不足は体重チェックで確認を。おしっこの回数も判断材料に

本当に母乳が足りなくて泣いているのか確かめるため、体重をチェックしましょう。順調に増加しているようでしたら、赤ちゃんが泣く理由は他にあります。おしっこの回数も目安になります。

母乳が足りているか、毎日、体重を測って1日に20~30gの体重増加があるか確認してください。(産科・婦人科看護師)
母乳だとミルクに比べてどれくらい飲んだのかわからず、足りないのかもと考えてしまいますよね。おしっこ、うんちの回数はいかがですか。1日におしっこが6回以下でしたら足りてないと考えられますが、きちんと出ているのであれば違うかもしれません。(循環器内科看護師)
他に泣いてしまう原因がないか、時間帯は決まっているかなども考えてみてください。生まれたばかりであれば、ママのお腹にいたときと環境が違うことで泣いているのかもしれません。抱っこしてあげたりすると、落ち着く場合もあります。(循環器内科看護師)

母乳を出やすくする工夫を。ミルクは乳首を変えてみて

母乳は吸うことで出やすくなります。マッサージや抱き方を工夫してみましょう。ミルクは哺乳瓶や乳首を変えてみるのも手です。赤ちゃんに合ったものを探しましょう。

おっぱいの出をよくするには、できるだけ赤ちゃんに吸ってもらうのが一番です。授乳前に、おっぱいマッサージをし、乳首をつまんでおっぱいが出ているか確認し、授乳してください。(産科・婦人科看護師)
縦や横だっこで角度を変えて、いろいろな角度から赤ちゃんに吸ってもらいましょう。乳首が赤ちゃんの舌にのるように、深く挿入してください。吸い口はまだ無理です。(産科・婦人科看護師)
最近はお母さんの乳首の感触に似せたものもありますので、乳首の種類を変えてみることもできるでしょうが、赤ちゃんにとって、お母さんの乳首に代わるものはないでしょう。赤ちゃんが上手に吸えないので慣れるまでは大変ですが、あきらめずに吸ってもらってください。(産科・婦人科看護師)
哺乳瓶の乳首もお母さんのものと合っていますか。哺乳瓶の乳首も様々で、固めだったりやわらかめだったり、1種類ではないです。哺乳瓶の乳首を少し温めたら飲んだ、という話も聞いたことがあります。(循環器内科看護師)

母乳が本当に足りていないのか、まずは体重チェックして確認するのがよさそうです。赤ちゃんが吸ううちにおっぱいは出やすくなります。マッサージしたり、抱き方を工夫してみましょう。哺乳瓶や乳首もたくさんの種類がありますから、赤ちゃんに合ったものを見つけましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加