皮膚トラブル

乳児湿疹が頭皮にまで…湿疹の原因と治療法は?自宅でできるケア方法

赤ちゃんの肌は「すべすべ」「ツルツル」「もちもち」「プルプル」などの表現があるように、理想的な肌というイメージがありますが、実は意外にトラブルも多いものです。生まれてすぐにできる乳児湿疹に戸惑うママやパパも多いかもしれません。赤ちゃんのデリケートな肌のスキンケア方法をお伝えします。

乳児湿疹とは?

新生児から乳児期にかけてできる湿疹を総称して乳児湿疹といいます。生後1~2週間ほどからが多く、生まれてすぐからできることもあります。プツプツとした湿疹ができる「新生児ニキビ」や、うろこ状のかさぶたができる「乳児脂漏性湿疹」、夏場に多い「あせも」などがあります。

原因
乳児湿疹は、さまざまな原因が複合して症状が出ている場合が多いので、ひとつに特定することは難しいものです。


・新生児ニキビ
新生児期に、思春期にできるニキビと同じようなポツポツとしたものができます。生まれてからしばらくは、母親のホルモンの影響を受けていて皮脂の分泌が盛んなため、皮脂腺に脂が溜まって湿疹となることが多いのです。過剰な皮脂が毛穴に詰まって炎症となり、ニキビ状になってしまいます。

・乳児脂漏性湿疹
頭皮にもフケやうろこ状のかさぶたができます。新生児ニキビと同じように、皮脂の量が多すぎることで発症します。

・あせも
気温が高い夏場に多く、蒸れやすいところ(首や背中、お尻など)にブツブツと出る湿疹です。
かゆいので赤ちゃん自身が引っ掻いてばい菌が入ると化膿してひどくなります。

・おむつかぶれ
おしり全体が赤くなったり、すりむけてしまったりすることもあります。炎症を起こすと血が滲み、ただれた状態になります。おむつのギャザーが当たる部分も赤くなることがあります。

・乾燥による肌荒れ
3ヵ月過ぎから皮脂の分泌が急激に減ってきて、乾燥しがちになってきます。すると皮膚からのほこりやウイルスなどの侵入を防ぐバリア機能が衰えます。もともと赤ちゃんは皮膚が薄く、バリア機能が衰えると少しの刺激でも炎症を起こし、湿疹ができやすい状態になります。

・アトピー性皮膚炎やアレルギー
4ヶ月を過ぎても湿疹がひどく、肌のカサカサやブツブツがいつまでも出ているという場合は、アトピー性皮膚炎や何かのアレルギーかもしれません。食物アレルギーによる乳児湿疹は、アレルゲンである食べ物を食べたことによって症状が出ます。湿疹以外にも、嘔吐や咳が出ることもあります。激しいアレルギー反応では、全身が真っ赤になることがあります。自己診断はせず、小児科を受診しましょう。

主な症状
月齢や湿疹の種類によって、症状は違います。赤いポツポツしたものがつながっていき、皮膚全体が赤くなることもあります。痒みがある場合は、皮膚がむけるほどかいてしまい、ジュクジュク状態になる場合もあります。かゆみや痛みは、赤ちゃんにとって不快なものです。夜寝ない、一日中泣いている、などのこともあるでしょう。
新生児ニキビや脂漏性湿疹は、痛々しく見えますが、痛みやかゆみはありません。


・良性
湿疹の一つひとつが離れていているものです。皮膚はザラザラしていません。新生児期のニキビもこのタイプで、放っておいても2~3ヵ月で消えていきます。

・慢性
赤みがつよく、湿疹同士がくっついて盛り上がって、台形状やリング状になっています。皮膚はザラザラした感じになっています。

乳児湿疹が出やすい部位

多くは、頬やおでこなど顔のまわりに湿疹が出ますが、身体に出ることもあります。


生後3ヵ月頃までは、おでこ、眉毛など皮脂の分泌が多い部分や頬などにできます。耳のあたりなどにできる場合もあります。


頭皮にベタっとくっつくようにふけやかさぶたが出ます。こうした脂漏性湿疹は、はがしたくなってしまうかもしれませんが、皮膚を傷つけ炎症を起こすことになってしまいますので、無理にはがすのはやめましょう。

身体
首まわりや太ももの付け根、膝の後ろや腕の関節部など、皮膚が重なる部位に出ることもあります。3ヵ月過ぎからは、手足や胸、お腹、太もも、背中などに湿疹が出る場合があります。

湿疹がただれみたいに酷くなる場合は?

原因
湿疹ができているところに、汗や空気中のホコリ、細菌やウイルスなどがついた状態だと、これらが皮膚を刺激して湿疹を悪化させると考えられます。湿疹ができた部位が衣類などで擦れると、炎症を起こして赤みがひどくなります。

対処法
赤ちゃんの肌を清潔に保つことが大切です。毎日お風呂に入れて、泡で包み込むようにもみ洗いしましょう。ゴシゴシ洗わず、シャワーはぬるめ、弱めにして泡を洗い流しましょう。

湿疹を放置するリスク

化膿する
新生児ニキビや脂漏性湿疹は、放置しておいても自然に治っていきます。ただし、湿疹を掻き壊したりしてそこから黄色ブドウ球菌などが侵入すると、化膿する可能性があります。
そうしたひどい場合は放置せず、小児科か小児皮膚科を受診して治療します。炎症がひどい部位には、ステロイド軟膏などを使用するかもしれません。もしもステロイドを使うことに心配や抵抗感があるならば、納得がいくまで先生の説明を受けてください。化膿したりしてひどい状態の場合は、入浴方法についても医師の指導に従いましょう。

自宅でできる乳児湿疹のケアでおすすめのアイテム

乳児湿疹の基本的なケアは、清潔と保湿です。
頭皮にできる乳児脂漏性湿疹の場合は、ベビーオイルやワセリンをかさぶたにやさしくすりこんで、入浴の約1時間前からふやかしておきます。入浴時にやさしく櫛を横にしてすくようにすると取れてきます。無理に取ろうとしないで、何回かに分けて徐々にとってください。
ローションやクリーム、おしりふきなどは、赤ちゃんの肌に合うものを選んで使いましょう。合わないものを使っていると、肌の状態を悪化させることもあります。
ひどい肌トラブルが起きている場合は、治療が必要です。治療をしたほうがよい程度のものかわからない場合も、まずは小児科や皮膚科を受診してみて診断を受けましょう。
処方を受けて改善してきたら、スキンケアに気を配ってください。つねに皮膚をきれいにして、保湿をしましょう。

入浴させるときの注意点

新生児ニキビや脂漏性湿疹の場合は、皮脂分が多い状態ですので、顔や頭には石けんをつけて洗いましょう。
身体に湿疹が出ている場合は、あまり石けんで洗おうとしないほうがよいでしょう。使うとしても、泡タイプのものでそっとなでる程度で済ませ、しっかり洗い流します。
洗いすぎたりお湯の温度が熱すぎたりすると、必要な皮脂まで取ってしまいます。逆に肌の状態を悪化させる場合もありますので、注意が必要です。
お風呂上りには、5分以内に全身の十分な保湿をすることが大事です。

保湿クリームの選び方

保湿剤には、クリームタイプ、ローションタイプなどさまざまな種類があります。保湿効果のあるものを選びたいものです。
クリームタイプは保湿力が高く、冬場のケアや乾燥が強い赤ちゃんにおすすめです。
ローションタイプには、乳液や化粧水があります。手軽で塗りやすく、種類も豊富にあります。
選ぶポイントとしては、低刺激なものが安心です。添加物が入っていない、低刺激で赤ちゃん用のものを選びましょう。赤ちゃんに塗る前に、まずは大人が自分で試してみるとよいでしょう。赤ちゃんの太ももの内側に塗って様子をみるのもよいですね。
赤ちゃんの肌の状態は変化します。乾燥しやすい冬場や、カサカサが強くなったり、赤くなったりしているときは、保湿力の強いクリームタイプがよいでしょう。乾燥が気になったときにこまめに塗り直してあげると、予防にも効果的です。

執筆者:南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー。株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での勤務を経て、とらうべ 社設立。医療職が企業人として女性の一生に寄り添うことを旨とし、30年にわたって各種サービスを展開中。

監修者:株式会社 とらうべ
助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの医療職や専門家が在籍し、医師とも提携。医療や健康、妊娠・出産・育児や女性の身体についての記事執筆や、医療監修によって情報の信頼性を確認・検証するサービスを提供。

2018/12/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

保健・衛生・妊娠・育児コンサルタント株式会社とらうべ