ミルクを吐く

母乳を少し吐き戻す娘…飲ませ過ぎ?母乳の質が悪い?

月齢の小さな赤ちゃんは、母乳やミルクを飲んだ後によく吐きます。欲しがるだけあげているため、飲ませ過ぎているのか、もしくは母乳の質が悪いから吐くのでは?と心配している生後2カ月の子のママからの相談ですが、専門家たちの回答はどうでしょうか。

ママからの相談 :「生後10週の娘が母乳を吐くのは、母乳の質が悪いせいか?」

生後10週の娘を完全母乳で育てています。飲みたいだけあげていますが、飲んだ後にげっぷをしながら少量を吐き戻すことがあります。毎回ではなく、3日に1度くらいの頻度です。吐くといっても口の周りを少し汚す程度ですが、母乳の飲ませ過ぎではないか、もしくは母乳の質が悪いのではないかと心配しています。甘いものや脂っこいものが好きですが、最近は娘のために食べる量を減らすようにしています。(25歳・女性)

母乳は欲しがるだけあげて

赤ちゃんの胃は、もともと戻しやすい形をしています。お母さんが栄養バランスを考えて食事をしているなら、母乳の質を心配する必要はなさそうです。

お母さんがきちんと母乳の栄養を考えて食事をしているのでしたら、質が悪いとは思いませんし、今回のげっぷはあまり関係がないように思います。もともと赤ちゃんの胃は大人とは違って縦の形をしていて、閉まりにくい形になっています。そのため、げっぷと同時に戻しやすいのです。(一般内科看護師)
脂っこいものや甘いものは母乳を凝縮させ、乳腺炎になりやすいため、授乳中は控えた方がよいでしょう。お母さんは貧血予防を念頭に、バランスのとれた食事と水分補給を心がけてください。(産科・婦人科看護師)
おっぱいがよく出るのはよいことですし、お子さんがよく飲んでくれるのなら欲しがるだけ授乳してください。この時期に成長曲線を超えた体重の増加があっても、動きだしたり、歩きだしたり身長が伸びてくれば、身長と体重のバランスがとれてきます。今の段階で神経質になる必要はありません。(産科・婦人科看護師)

噴水状に吐いたら要注意

ただし、吐くときの量や吐き方には注意してください。場合によっては、病院を受診したほうがよい時もあります。

赤ちゃんの胃は大人と違って縦型で、食道と胃のつなぎ目の噴門が発達しておらず、ミルクと一緒に飲み込んだ空気を出すときに、吐き戻すことがよくあります。3日に1度、口の周りを汚す程度でしたら心配ありません。毎回、多量に吐き戻したり、噴水状に吐いたり体重の減少があれば、病院を受診してください。(産科・婦人科看護師)
ミルクの飲み方が上手ではありませんので、空気をたくさん飲みこむこともあります。授乳後に赤ちゃんの機嫌もよく体重も増えていれば問題ないと思います。月齢とともに上手に飲めるようになります。また噴水状に激しく吐いたり、口からいつまでも吐き続けている場合や体重が減少してきたなど症状があるときは、病気の疑いがありますので、小児科を受診するようにしてください。(一般内科看護師)

母乳の質と吐き戻しは直接関係がないようです。今まで通り食生活に気をつけて、母乳は欲しがるだけあげるようにしましょう。ただし、吐き方によっては病院へ相談されることをおすすめします。


2016/02/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)