身体の発達

生後4カ月で首がすわらないのは遅い?すわりを促すには

子ども成長には個人差がありますが、月齢よりも遅れている場合は、親の心配が尽きないものです。首のすわりが遅いと悩む生後3カ月の赤ちゃんのママに、専門家たちはどのようにアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談 :「遅いようだけど、いつ頃までに首がすわっているべき ?」

生後3カ月も終わりに近い娘がいますが、まだ首がすわりません。周りの子は首がしっかりしてきているのに、娘はまだ首を支えていないと縦抱きも安定せず、寝ている状態から引き起こしても頭がついてくる気配がまったくありません。生まれたときは標準サイズ、現在は身長体重とも大きめです。腹ばいの練習も嫌がって大泣きします。首のすわりを促すコツ、またいつ頃までに首がすわっているべきか教えてください。(28歳・女性)

生後4,5カ月までは様子見で

首がすわるのは、生後5カ月までは様子を見ながら待っても問題はなさそうです。

子どもの成長には個人差がありますので、健診で指摘されなければ心配ありません。一般的に生後3カ月で首がすわるといわれますが、4カ月や5カ月になる子もいます。周りと比べたり、育児書通りでないから異常というわけではありません。首がすわってもなかなかハイハイしない子や、ハイハイを飛ばしてお座りができたり、お座りを飛ばして立っちする子もいます。もう少しお子さんの成長を待ってください。(産科・婦人科看護師)
赤ちゃんの成長は個人差がありますので、早く首がすわる子もいれば徐々に成長していく子もいます。生まれたばかりの赤ちゃんは首の筋肉が弱いので、頭を支えていないと危険な状態になります。首がすわるのは、だいだい4,5カ月頃からですので、焦る必要はないと思います。もし5カ月を過ぎても首がすわらないのであれば練習も必要になりますが、3カ月後半でしたら、あまり神経質にならなくてもよいと思います。(一般内科看護師)

腹ばいの練習の際に気をつけること

腹ばいの練習には賛否があるようですが、楽しみながら慣らすようにするとよいでしょう。

首のすわりを促進するために、うつ伏せをすすめる医師や助産師もいるようですが、首がすわっていない状態でうつ伏せにしても嫌がるのは当然で、窒息させる場合もあるため、行うときは赤ちゃんから目を離さないようにしてください。「首のすわりを促す訓練はない」ともいわれていますので、産まれて間もない赤ちゃんに筋トレをさせる必要はないと思います。心配でしたら医師に相談してください。(産科・婦人科看護師)
腹ばいを嫌がる赤ちゃんは多いですので、徐々に慣らしていくとよいでしょう。できれば音の鳴るおもちゃを赤ちゃんの頭の少し上前方に持っていき、頭が上がるように練習することもできます。またお母さんのお腹の上で腹ばいにしたり、赤ちゃんと向き合ってお母さんも腹ばいになってもよいです。(一般内科看護師)
腹ばいにする場合はやわらかい布団の上では行わないこと、周囲に危険なものはないか確認してから行うようにしてください。赤ちゃんには、その子のペースもあり個人差が大きいので、神経質にならずに育児を楽しむようにしましょう。(一般内科看護師)

首がすわるには生後5カ月までかかることもありますので、今は様子見でも構わないとのこと。腹ばいの練習も赤ちゃんのペースで、お母さんと一緒に楽しみながらするようにしましょう。


2016/02/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)