お菓子・甘いもの

2014/10/28

スナック菓子やケーキを出す祖父母、どうしたらよいでしょうか?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

スナック菓子やケーキを出す祖父母、どうしたらよいでしょうか?

1歳9カ月の息子には虫歯にならないようスナック菓子などは与えないのに、祖父母の家に行くと普段食べさせないようにしているお菓子ばかりを出されてしまう。祖父母の出すお菓子に悩むママに看護師さんや薬剤師さんはなんと答えているでしょうか?

ママからの相談:「1歳9カ月の息子にスナック菓子やケーキを与える祖父母。虫歯などが心配なので止めてほしいと言いたいですが言いにくいです」

1歳9カ月の息子がいます。自宅でのおやつはパンやバナナなどの果物に牛乳というスタイルで与えていますが、祖父母の家に行くと必ずスナック菓子やケーキなどが出てきます。虫歯などのリスクを考えると、2歳前にこのようなお菓子を食べるのは早すぎるのではないかと心配です。また祖父母は息子の食べる姿を嬉しそうに見ているので、なかなか止めてほしいと言い出しにくいです。(20代女性)

頻繁に祖父母に会うのでなければそれほど気にしないで大丈夫。

「たまにスナック菓子やケーキを食べる程度なら、それほど心配いりません」と看護師さんが教えてくれました。ただし、「会う機会が多いなら、心配であることを伝えてみるのもよいでしょう」とも言っています。

大人と同じように甘いものを与えすぎるのは、子供の脳の発達によくない影響が出るとされています。ですが、これはあくまでも与え過ぎている場合なので、今回のように祖父母に会うときだけであればそれほど問題ないでしょう。祖父母に会う機会が多くスナック菓子やケーキなどを与える回数が多いようであれば、やんわりと虫歯が心配なのでと祖父母に言ってみてもよいでしょう。(看護師)

お菓子を食べても歯を磨けば問題ありません。

「虫歯のリスクを心配されていますが歯を磨けば大丈夫」と看護師さん、薬剤師さんがアドバイスしてくれました。自宅以外でも積極的に歯磨きしたり、歯磨きが無理な場合は水やお茶を飲むとよいそうです。

虫歯に関しては食べた後にちゃんと歯磨きをしていれば問題ないでしょう。ご自宅以外でも歯磨きしてあげるとよいです。(看護師、薬剤師)
食べた後に歯磨きができない状況でしたら、お茶やお水を飲んで口の中を流すことでも虫歯のリスクは減らすことができます。ジュースを出してもらったとしても最後にお茶やお水を飲むようにしてみて下さい。(薬剤師)

祖父母とのコミュニケーションも子供の大事な時間と思えば、歯磨きの工夫で乗り切れる場面も多そうです。どうしても歯磨きできないときはお茶やお水を最後にいただきましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加