言葉の発達

生後8カ月、話し始めた我が子に言葉を覚えてもらうには?

おっぱいを飲むか、泣き声をあげるだけだった赤ちゃんが、言葉らしきものを発し始めた!こうなると、早くコミュニケーションをとりたくてワクワクしますが、赤ちゃんのおしゃべりを助けてあげるには、どんな方法があるのでしょうか。

ママからの相談:「言葉を話し始めた赤ちゃんに、どう話しかければよい?」

子どもは生後8カ月です。「まんま」「わんわん」などというようになりました。ただ、食事用のイスを出せば食事だと目で見て判断しているだけのようで、単語と物とが一致しているわけではなさそうです。意味のある言葉は発しません。言葉を覚えやすくするための働きかけや、話しかけ方のポイントを教えてください。(30代・女性)

意味のある言葉ではなくても

言葉らしきものを発する赤ちゃんを前に、なんとかその言葉を聞き取ろうと四苦八苦する大人たち。でも、聞き取れないのは当然。赤ちゃんは最初から意味のある言葉を発声するわけではないようです。

子どもはまだまだ発語に関しても発達していない時期なので、言葉をはっきり出すことができません。舌や口の動きが発達してくると、次第に言葉が明瞭になってきますよ。(看護師)
子どもはいつでも、かなりのスピードでいろいろなことを吸収していますが、吸収したことはまだ断片的なもの。一つひとつがつながって意味のある言葉として出てくるのは、まだまだ後からのことになります。(看護師)
言葉の発達が遅いと思っていたお子さんが、幼稚園や保育園などで集団生活を始めると瞬く間に言葉を覚えたり、誰にそんな言葉を教わったのかと思うような言葉を発する場合もあります。焦らずにお子さんの成長を見守ってあげてください。(産科看護師)

周りの反応や反復が手助けに

赤ちゃんの言葉を手助けしてあげるには、毎日の積み重ねがとても大切なようです。具体的な行動としてはどのようなことをしてあげるのがよいのか、専門家の意見を聞いてみましょう。

言葉の意味がうまく理解できないうちは、猫を見てもワンワンといったり、早く走る物すべてをブーブーといったりします。小さいお子さんは、犬と猫や、車と自転車などの区別がまだできません。間違った表現をしても否定せず、お子さんが一生懸命に表現していることを尊重してあげてください。(産科看護師)
子どもは親の姿など、見たことや耳に入ってきたことから記憶していきます。何かをするたびに名前や動作を言葉に出してあげましょう。赤ちゃん言葉である必要も、単語である必要もありません。「イスに座ってね」と繰り返していけば、そのうち覚えた単語と動作がつながってくるものです。(看護師)
食事の準備をしているときに「まんま」といったら、「そうよ、まんまだね」と褒めてあげてください。言葉の発達を促すにはたくさん話しかけたり、絵本を見せながら絵を指差して単語を教えたり、音楽を聞かせたり、子ども用のテレビやDVDを見せたりと、いろいろな方法があります。(産科看護師)

赤ちゃんは毎日、反復して言葉を覚えていくもののようです。断片的なものがつながって意味のある言葉となるまで、お母さんはその反復を手助けして、気長にくり返してあげるのがよいようです。


2016/02/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)