発達の遅れ

うつ伏せを嫌がる9カ月の娘…ハイハイを練習させるべき?

赤ちゃんが生まれると、いろいろなところから様々な情報が耳に入ってきます。もうハイハイできるはずの時期なのに、できないと不安になりますが、無理にでも練習させた方がよいのでしょうか。

ママからの相談:「まだハイハイできないが、嫌がっても練習させるべき?」

9カ月の娘がハイハイしてくれません。うつ伏せが嫌いのようで、うつ伏せにすると火がついたように泣きます。寝返りもずり這いもしないで、座ったまま手と足を使ってお尻で移動します。ハイハイは足腰を鍛えるためによいと聞きますが、嫌がってもハイハイの練習をさせるべきなのでしょうか。(30代・女性)

ハイハイしなくても大丈夫

赤ちゃんが嫌がることを無理にさせるのは心が痛みますが、ほかの子にはできているハイハイができない場合、無理にでもハイハイの練習をさせた方がよいのでしょうか。

泣いて嫌がるお子さんにハイハイの練習をさせる必要はありません。一般的には寝返り、ハイハイ、お座り、立っちという段階をたどりますが、お子さんの成長はそれぞれです。健診で発達障害を指摘されないようでしたら、順番どおりにいかなくても心配ありません。(産科看護師)
ハイハイができなくても、いきなり立ち上がる子もいます。ハイハイが足腰の運動になるといっても、それはまだお座りや立っちができない時期のことで、あくまでもお座りや立ち上がるための準備としての話。すでにお座りができるのでしたら、無理に練習させる必要はありません。(産科看護師)
9カ月でハイハイをしないというのは、たしかに、その動作としては遅いといえるかもしれませんが、あくまでも平均と比較してのこと。それが特に問題になるということはないと思われます。(看護師)

目安を気にしすぎないこと

月齢に合わせた行動段階は、あくまでも目安。少しくらいスケジュールから遅れたり、順序が違ったりするのは、どうやらよくあることのようです。成長の個人差を尊重してあげましょう。

身体の筋力が発達してくれば、いつの間にか寝返りもハイハイもできるようになりますので、焦らずお子さんの成長を見守ってください。また、うつ伏せにさせるときは窒息の可能性がありますから、目を離さないよう注意してください。(産科看護師)
私の妹の子どもも同じような感じでしたが、ふとハイハイをするようになったと思ったら、次に会ったときには、もうつかまり立ちをしていました。みんなが同じように成長するわけではありません。(看護師)
運動や発語など、成長は人それぞれです。もしどうしても心配であるのなら、ここで相談されたように病院や他の専門機関などにご相談されてみてはいかがでしょうか。相談をして得るものはあると思いますが、相談しなければ何も得るものはありません。(看護師)

赤ちゃんの成長には個人差があります。どうしても気になるようでしたら医師に相談することもできますが、目安を気にしすぎたり人と比べたりせずに、まずは大らかに見守ってあげるのがよいようです。


2016/02/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)