食べない

2016/02/13

生後9カ月、急に離乳食を食べなくなった…母乳だけでOK?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

生後9カ月、急に離乳食を食べなくなった…母乳だけでOK?

順調に離乳食を食べていたのに、熱を出してから母乳ばかり飲むようになってしまった…そんな悩みを抱えているのは9カ月の女の子のママです。離乳食をこのまま続けてよいのか迷っています。栄養が足りているのかも気になるところ。離乳食を食べなくなったときの対処法について、専門家に聞いてみましょう。

ママからの相談:「発熱後に離乳食を食べなくなったが、無理に食べさせないほうがよい?」

生後9カ月の娘が38度を超える熱を出しました。熱は3日ほどで下がりましたが、それまで順調に食べていた離乳食をほとんど食べなくなり、母乳ばかり飲むようになりました。離乳食をこれまで通り続けてよいのか、一度やめた方がよいのか迷っています。1歳が近づいているのに、母乳ばかりで栄養が足りるのかも心配です。あまり食べなくても、離乳食を与えていってよいのでしょうか。(30代・女性)

熱で味覚が変わっているのかも。水分不足の可能性も

熱は下がっているものの、まだ味覚などが元に戻っていないのかもしれません。母乳ばかり欲しがるのは、水分不足の可能性もあるとの指摘がありました。

あまり食べなくても、離乳食は続けてください。まだ体調が思わしくなく、食欲がないのかもしれませんし、熱によって口の粘膜や舌がただれて、味覚が変わったのかもしれません。今までの離乳食を食べず、母乳ばかり欲しがるようでしたら、水分が足りていない可能性もあります。少し戻って、薄味の水分を多く含む離乳食をあげてみてください。食べられるようになったら、元の食事に戻してください。(産科・婦人科看護師)
熱が下がったばかりで、身体がまだ不完全で食欲もないのかもしれません。食べたくない物を無理に食べさせても、お互いに嫌な思いをするだけですので、様子を見てみましょう。 (看護師)

母乳を飲んでいれば心配なし。喉ごしのよいものを与えてみて

気になる栄養ですが、母乳を飲んでいるのでしたら心配はないようです。様子を見て、喉ごしのよいものを与えてみましょう。

離乳食が食べられなくても、母乳が飲めているなら、栄養面では心配ないでしょう。熱を出したときは、食事より水分補給が優先されます。食事にこだわる必要はありません。お子さんが飲めるお茶やミネラルドリンクなどで水分補給したり、ゼリーやアイスなど、喉ごしのよいものを食べさせてください。(産科・婦人科看護師)
熱を出さなくても急に離乳食を食べなくなることもありますので、あまり気にしなくてもよいと思います。言い方は悪いですが、子どもは食欲と睡眠欲を優先します。母乳も離乳食も口にしないのでしたら問題ですが、母乳だけでも摂取しているのであれば、栄養の問題はありません。(看護師)
栄養は気になると思いますが、1歳頃までは母乳の栄養だけで十分に足りているといわれます。母乳を少しずつ減らして、離乳食をセッティングしてスプーンをもたせておけば、そのうち食べてくれるようになるかもしれません。(看護師)

熱の影響で味覚が変わっていることも考えられるようです。母乳を飲んでいるようであれば、栄養面は心配ありません。水分不足の可能性もありますから、様子を見ながら水分を与えたり、喉ごしのよい離乳食を与えてみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加