食事量

離乳食やおやつを食べ過ぎる…間食にミルクをあげるべき?

断乳のタイミングはなかなか難しいものです。今回の質問は11カ月の男の子についてです。3回の離乳食と2回のおやつをしっかり食べ、ミルクはあまり飲まなくなりましたが、夕方になるとお腹が空いて泣き叫んでしまいます。ミルクを与えたほうがよいのかと悩むママに、専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

ママからの相談:「お腹がすくと激しく泣き叫ぶが、与えすぎもよくない?」

息子は9カ月頃からあまりミルクを飲まなくなり、11カ月の今は朝200cc飲み、後は麦茶で水分補給し、3食の離乳食とおやつを2回ほど食べています。しかし、夕方にはお腹が空いたと激しく泣き叫び、たいていは食パンを2枚食べます。そのうえ、夕飯も食べるので、食べすぎが心配です。離乳食や補食の際にミルクを与えたほうがよいのでしょうか。1歳には離乳したほうがよいと聞き、どうしたらよいのかわかりません。(30代・女性)

卒乳にはよい時期。欲しがったら与えてあげて

ミルクを欲しがらないようであれば、卒乳にはよい時期です。安心感を求めてミルクをほしがることもあります。そのときは欲しがるだけ与えましょう。

卒乳の時期はそれぞれです。家庭の事情で早めに断乳する人もいますが、1歳になったからといって、卒乳する必要はありません。最近は、お子さんが欲しがるだけ、2歳くらいまでは授乳しても問題ないとされています。(産科・婦人科看護師)
離乳食を食べて、おやつも食べて、それでも欲しがるようでしたら、授乳してください。母乳でなくても、お母さんに抱かれてミルクを飲むことは、安心できることですから、補食のたびに授乳しなくても、寝る前のミルクは続けてください(産科・婦人科看護師)
状況からして離乳の時期としては、今がそのタイミングだと思います。今なら断乳よりも卒乳ができる時期ですので、ちょうどよいのではないのでしょうか。(看護師)

ミルクよりもまずは食材を。子どもの成長に合わせて

ミルクよりもまずは食材で与えるよう心がけましょう。おやつに食べごたえのあるものを与えるなど、子どもの成長に合わせましょう。

1日3食と2回のおやつが、いずれもしっかり摂取できているのであれば、量が少ないということはないと思います。あとはどんな食材・栄養を与えているかが重要になってきます。離乳食をよく食べるといっても、偏った栄養のものばかりだと栄養が十分とはいえません。(看護師)
栄養をバランスよく摂取できていれば、ミルクなどの補助食品を追加する必要はないと思われます。もし栄養が偏っているようでしたら、ミルクなど併用してもよいかもしれませんが、まずはミルクよりも、食材から摂取するようにしてください。(看護師)
1回の食事量を増やしてもよいですし、おやつも茹でた野菜や、おにぎりなど、食べごたえのあるものでもよいでしょう。食事が足りてくれば、自然にミルクを飲まなくなりますから、お子さんの成長に合わせてください。(産科・婦人科看護師)

ミルクをほしがらないようなら、卒乳のタイミングです。おやつを食べごたえのあるものにするなど、できるだけ食材でお腹を満たすようにしましょう。授乳は栄養摂取だけでなく、安心感を与えてくれるものでもあります。欲しがれば、抱っこして飲ませてあげるようにしましょう。


2016/02/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)