食事マナー

11カ月、座ってご飯を食べない…いつ頃から教えるべき?

食事のしつけに頭を悩ます親御さんは、少なくないと思います。相談者の11カ月の元気な男の子のお母さんは、子どもが食事中に座って食べられないことに悩んでいます。専門家たちの意見を見てみましょう。

ママからの相談 :「11カ月の息子、どうしたら座ってご飯を食べるようになる?」

11カ月になり食欲が増してきた男の子ですが、ずっと座っているのが苦手なのか、椅子に座らせてもすぐに立ち上がったり椅子から逃げ出します。さらに別の部屋に遊びに行ったり、食卓によじ登ることもあります。そのため、いつも追いかけたり、何かおもちゃで気を紛らわせながら食事をさせています。いつ頃からどのような方法で、正しい食事の姿勢を教えていったらいいでしょうか?(34歳・女性)

座って食べることを徐々に覚えさせていく

この時期は、ずっと座っていなくても不思議ではないという意見、どうしても今覚えさせなくては、と躍起にならなくてもよい、という意見もあります。

じっと座って食べる子の方が珍しく、2歳くらいまでは食事中に立ち上がったり、途中で遊びだす子が多いです。この頃は食べることが大切ですから、立って食べても問題ありません。途中で食べるのをやめたら、お腹いっぱいでもう食べないのかをお子さんに確認してください。(産科・婦人科看護師)
遊んでいるのを追いかけてしまっては、追いかけられるのが面白いと認識してしまい、エスカレートする一方です。これから学んでいくのですから、徐々に移行していけばよいのではないでしょうか。今の時期にしっかり覚えさせようとすると、お母さんが参ってしまいます。(循環器内科看護師)

逃げても追いかけないで

お母さんが追いかけてしまうと、いつまでも同じことの繰り返しになる可能性があります。立ったらご飯はあげない、という姿勢を見せてもよい時期ではあるようです。

お子さんが逃げ出しても、追いかけて食べさせず、しばらく様子を見て食べたいのなら、自分からテーブルに戻ってくるようにしてください。お子さんがテーブルから離れたら、食べていたものを片づけ、椅子に座ったら食事を再開させるということを根気強く続け、座って食べる習慣をつけさせたお母さんもいます。(産科・婦人科看護師)
食事に集中させたいのでしたら、食事中はテレビを消しましょう。おもちゃは目の届かないところに置いて、家族全員が座ってから、食事を始めてください。「いつ頃から」ではなく、普段の食事の中で食べるときのマナーを覚えていきますから、普段の生活で教育してください。(産科・婦人科看護師)
11カ月の月齢ですと、食事だけでなく母乳やミルクで栄養を摂っていると思います。離乳食へ以降する時期ですが、遊んで座れないならあげないという姿勢を示しましょう。食事中に遊んでしまう、座ってられないのであれば「おしまい」といってみてはいかがでしょう。言葉の意味はわからないかもしれませんが、「遊んだり、立ったりしたらご飯はもらえない」と覚えさせたほうがよいと思います。(循環器内科看護師)

徐々に覚えさせていけばよい、という意見がある一方で、追いかけるのをやめて、立ったら食事はあげないという姿勢を、この月齢から見せていくのが大切であるといえます。


2016/02/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)