発達の遅れ

つかまり立ちもできない12カ月の息子…病院で検査が必要?

子どもの成長に個人差はつきもの。ただ、月齢に比べて成長が遅いと、親は心配になります。ハイハイはするものの、12カ月を過ぎてもつかまり立ちができず、お座りが苦手という赤ちゃんのママからの相談。専門家たちはどう回答しているでしょうか。

ママからの相談 :「12カ月の子どもが歩けず、お座りも苦手だが、足腰に異常が?」

12カ月を過ぎた息子は、歩くどころか、つかまり立ちもできません。お座りも苦手で、椅子やクッションなどの支えがないと、すぐに寝転んでしまいます。ハイハイは上手ですが、腕の力だけで前に進んでいるようで、足をふんばって蹴る動作ができていません。もし足腰に異常があれば心配なので、病院で検査を受けた方がよいでしょうか?また、ハイハイ以外の方法で、足腰を丈夫にできるような体操や運動方法などはありますか?( 36歳・女性)

健診で指摘されなければ様子見で

健診の際に何もいわれなければ、様子見でもよいかもしれませんが、心配な場合は医療機関で相談するのが賢明といえます。

健診の際に、異常は見られませんでしたか?発達について指摘されなかったのでしたら、もう少しお子さんの成長を待ってください。2歳になってやっと立ち上がる子もいれば、お座りが苦手でも、いきなり立ち上がる子もいます。つかまり立ちをするのに、適度な高さのテーブルや棚などがなければ、つかまって立つという発想ができません。ハイハイで移動できれば、立つことに興味を示さない子もいます。(産科・婦人科看護師)
12カ月健診は受けられましたか?受けていないようでしたら、そちらでも相談されてみるとよいと思います。成長は個人差がありますので、気にしなくてよいものと、そうでないものがあります。健診をすでに受けられて、何も指摘がなかったのでしたら、気にしすぎかもしれません。(循環器内科看護師)
お座りが下手なのは、成長がゆっくりなのかもしれません。お子さんは自分のペースで成長していますので、あまり神経質にならずに、お子さんの成長を見守ってください。健診の際に発達について異常があれば、詳しい検査をするようにいわれますので、健診のときに相談してください。(産科・婦人科看護師)
力の入り具合などは、質問者様が感じているだけでしたら問題ないのかもしれませんが、その様子を観察することができません。健診がまだであれば、きちんと医療機関を受診されたほうがよいような気がします。(循環器内科看護師)

歩行器の使用について

歩く練習の助けになる歩行器ですが、使用には賛否意見がわかれるようです。

使用することで運動能力が早く発達するという報告があるために販売しているのであり、小さなお子さんのトレーニングとして使用するのは、どうかと思います。親子が触れ合う過程で使用する分には問題ないですが、遊ばせっぱなしにすることが問題なんだと思います。(循環器内科看護師)

実際にお子さんの様子を見ないと、はっきりとしたことはいえませんが、健診で何も指摘されなかったのであれば様子見で。心配な場合は直接、医療機関に相談されることをおすすめします。


2016/02/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)