湿疹

乳児湿疹が何をしても治まらない…どうすれば治るの?

赤ちゃんの顔に湿疹ができ、毎日かゆそうにしている様子を見ると心が痛みます。なんとかして治してあげたいと努力するものの、何をしても湿疹が治まらないという悩みに対し、看護師さんたちのアドバイスとは。

ママからの質問:「何をしても全く良くならない乳児湿疹はどうすれば治りますか」

生後6カ月の息子ですが、2カ月ほど前から頬を中心に、顔中に湿疹ができました。病院でもらったワセリンのお薬を毎日朝昼晩かかすことなく塗っていますが、全然効果なし。医師に聞いても「時期的なものですから…」とだけ言われ、具体的な改善方法は分からずじまい。自分でもインターネットなどで検索し、石鹸を固形に変えたり、こまめに顔を洗ったり努力しているのですが良くなりません。どうすれば治まるのでしょうか。(30代・女性)

1歳ごろまでには改善される乳児特有のものです

医師のコメント通り、この種の湿疹は乳児期特有の時期的なものであるようです。1歳ごろまでには改善されるため、あせらず清潔と保湿を心がけましょう。

乳児湿疹は珍しいものではないですが、担当の医師のいわれるように時期的なものなんですよね。大人に比べて皮膚も薄いですし、成長する過程でいつの間にか改善することもあります。(内科看護師)
乳児湿疹は、医師のいうように乳児特有のもので、アトピーでなければ1歳くらいまでには改善されます。毎日辛いと思いますが、清潔と保湿を基本に肌のケアを続けてください。(産科看護師)

授乳は続け、洗いすぎに注意

ママは神経質にならずにバランスの取れた食事と授乳を続けるほうがよいようです。また、洗いすぎにより皮膚を保護する皮脂が失われるため、洗い方や頻度にも気をつけましょう。

授乳中のお母さんの食事でアレルギーを起こすという確証はなく、逆に、授乳中に卵や牛乳を控えたお母さんの母乳で育った子のほうが、アレルギーを起こすという見解もありますから、お母さんはバランスのとれた食事を心がけ、授乳は続けてください。(産科看護師)
沐浴時は、赤ちゃん用のボディーソープや低刺激の石鹸をよく泡立てて、手のひらやガーゼで洗ってください。ごしごしこするのではなく、くるくるマッサージする感覚で、しっかり汚れを落とすように洗うようにしてください。沐浴後はベビー用の保湿ローションやクリーム、処方された軟膏を薄く塗ってケアしてあげてください。入浴後以外で薬を塗る時は、濡れたガーゼなどで拭いて、皮膚が清潔な状態で塗るようにしてください。(産科看護師)
どんなに肌に優しい石鹸等を使っても、石鹸で洗うことで皮脂も一緒に流してしまいます。皮脂はそもそも肌を保護する働きもあります。洗いすぎることで皮脂が分泌されても流されてしまえばその部分の皮膚は保護機能がはたされず乾燥してしまい刺激に弱くなってしまいます。石鹸で洗う回数を減らしてみてワセリンでの保湿につとめてみてはいかがでしょうか。(内科看護師)

乳児湿疹は、乳児特有の時期的なもので、1歳ごろまでには改善されるようです。それまでは清潔と保湿を心がけ、石鹸での洗いすぎには注意しましょう。


2016/02/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)