食事マナー

遊び食べがひどい…手掴み食べの練習をやめてもいい?

離乳食が完了期に入ってくると、自分で食事を食べたがる子も出てきます。手掴み食べの練習を始めたママからの相談に、産婦人科の看護師さんたちの答えは?

離乳食についての質問:「食べ物で遊んでしまう…手掴み食べはさせなくてもいいですか?」

1歳1カ月になり、離乳食も完了期に入ってきて、自分で食べたがることが多くなりました。そこで最近は手掴み食べの練習をさせているのですが、食べ物を投げたり、ぐちゃぐちゃにしてしまいます。赤ちゃんなので仕方ないのですが、バランスを考え手間をかけて作っていますし、毎回食べ物で遊ばれると掴む練習よりも直接食べさせた方がいい気がしてきます。ずっと遊ぶようなら手掴み食べはさせなくてもいいのでしょうか。(20代・女性)

1歳頃なら、遊び食べは普通のこと

手掴みで食べることで、口に入れる適量を覚え、手の感覚が発達したりします。子供の発達にとって重要な過程といえるようです。

柔らかい物が粘土のような感覚で面白いのでしょう。ぐちゃぐちゃにしても、食べているでしょうか。掴み食べは、お行儀が悪いようですが、自分の手で食べることで、口にあった量を覚え、自分のペースで食べられるようになり、手で食べ物に触れることで、手の感覚機能が発達します。(産婦人科看護師)
離乳食はお母さんの手間暇がかかりますよね。それが口に入らず遊ばれてしまうのは空しいでしょう。しかし、お母さんも、お子さんもどちらが悪いということではありません。(循環器内科看護師)
1歳くらいで、きちんと食べる方が稀であり、遊び食べは悪いことではありません。赤ちゃんが食べ物に興味を持って、自分から食べようとする成長の過程ですから、頑張って見守ってください。(産婦人科看護師)

時間を区切り、食事にメリハリをつけましょう

遊んでしまう時は、満腹になっている可能性もあります。遊ぶだけで食べる様子を見せない時は食事を片付けてもいいでしょう。

遊び始めたら、「これはおもちゃじゃないよ。あーんしてモグモグしよう」と話しかけ、お母さんも一緒に食べてください。時間を区切ることも大切です。遊ぶばかりで食べようとしない時は、20分くらいで一旦片付けてください。(産婦人科看護師)
食べる意思をみせたら、小さいものを握らせ「モグモグして」と、食べさせてください。ひっくり返してもいいように、汁ものは手の届かない所に置き、お皿はプラスチックで、見た目は悪いですが、新聞紙をテーブルに敷くと、片付けが楽になります。(産婦人科看護師)
遊んでしまうなら、一旦片付けるフリをするといいでしょう。まだ1歳1ヶ月で、良い悪いは分からないですから仕方がないですが、遊んでしまうのはお腹が空いてないからかもしれません。(循環器内科看護師)
また、少量を食器に載せて、食べるようなら足していく、食べないで遊ぶなら与えないといったメリハリが必要です。あとは食べたら褒めてあげるということをしてあげて、子どもにとっても食事が楽しいものと思える工夫をされてみてはいかがでしょうか。(循環器内科看護師)
掴み食べをした子は、スプーンの導入もスムーズにいくと言われています。できるだけ続けてください。(産婦人科看護師)

手掴み食べは、子供の発達において重要な過程。後片付けしやすいように工夫をして続けてみましょう。食べたらほめてあげるのも大事です。


2016/02/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)