痙攣(けいれん)

1歳の子どもが高熱で痙攣…病院へ行くべきかわからない

子どもが高熱を出すと、まれに熱が原因で痙攣を起こすことがあります。子どもが痙攣を起こしたときに、すぐに病院へ連れて行くべきか悩むママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「熱性痙攣を起こした場合、家で経過を見ても平気でしょうか?」

子どもが1歳4カ月のとき初めて38℃の熱を出し、小児科で風邪と診断されて熱冷ましの座薬と抗生物質をもらって帰宅しました。帰宅後、熱が39℃まで上がりましたが薬を飲んで眠っていたので、そのままにして家事をしていました。家事が終わってしばらく一緒に横になっていると、子どもが痙攣を起こしました。家で経過を見ても大丈夫なのか、けいれんが起きた時点で病院に行った方がいいのかわかりません。(30代・女性)

痙攣が起きたら気道確保などの対策をとり、様子を観察して

痙攣が起きても、必ずしもすぐに病院へ行く必要はないようです。痙攣時にとるべき対策について教えてくれました。

お子さんの熱性痙攣はよくあることですが、痙攣が起きたからといって、すぐに病院に行く必要はありません。動かすことが刺激になって、余計に痙攣を誘発します。痙攣が起きたら、タオルなどを首の下に入れて気道を確保し、顔を横に向け、唾液や吐物で口を塞がないようにしてください。身体をゆさぶったり、顔を叩いたりなどの刺激を与えず、じっと様子をみてください。(産科・婦人科看護師)
熱性痙攣は一時的なもので、ほとんどは1分から5分以内で自然に治り、後遺症が残ることもないと言われています。次にかかりつけの病院を受診されるときに、痙攣時の対応について指導を受けておくと安心です。(看護師)

5分以上痙攣が続くなどしたら病院へ

病院へ連れて行くべき症状の目安をアドバイスしてくれました。

痙攣が5分以内で治まるようなら、そのまま様子をみていいでしょう。ただし、瞳孔が4㎜以上開いている状態では痙攣が治まったとはいえません。しばらく安静の状態で様子をみてください。すぐに次の痙攣が始まる、5分以上治まらない、呼吸停止があれば、病院に連れて行ってください。(産科・婦人科看護師)
痙攣で注意しておきたい点は4つあります。①5分以上、痙攣が続いた。②熱がないのに痙攣が出た。③1日で2回以上の痙攣を起こした。④痙攣が身体の片側だけだったり左右対称でない。このような状態のときには、すぐに病院に行きましょう。(看護師)

判断に困ったら、病院や♯8000へ相談を

判断に困ったら、病院や小児救急電話相談へ電話してもよいそうです。

判断に困るときは病院に連絡していいですし、連絡がとれない時は#8000に電話すると、お住まいの地域の小児救急電話相談事業につながり、小児科医や看護師が相談にのってくれます。(産科・婦人科看護師)

痙攣が起きても、すぐに病院へ行く必要はないようです。まずは安静に保って様子を確認してください。5分以上痙攣が治まらないなどの場合は、受診が必要になるようです。判断に困ったら、電話での相談もご検討ください。


2016/02/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)