発達の遅れ

1歳5カ月でまだ歩けないのは、発達面の問題?

日々目覚ましい成長を見せてくれる赤ちゃん。しかし他の子と比べて発育や発達が遅いと大変気になってしまうものです。我が子がまだ歩けないことを心配するママに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「1歳5カ月でまだ歩けません」

1歳5カ月の我が子は、未だに歩こうとしません。移動手段はハイハイではなく、お座りをした状態から足を前に出して体を前に進める「お尻歩き」です。子育て支援センターなどにも行きますが、他のママの好奇の目が辛いです。お散歩は手を繋いで歩かせようとしますが、すぐに座りこんでしまいます。子どものペースで、とも思いますが、もうすぐ市の1歳半健診があるので焦っています。何か発達面で問題があるのでしょうか。(40代・女性)

ハイハイをしないことと、お尻歩きをする理由

ハイハイをしないまま、つかまり立ちを始める子もいます。お尻歩きをする子は、足の筋肉が弱いなどいくつかの特徴を持っており、歩き出しが遅めになりやすいですが、その後の成長に影響はないことが多いようです 。

ハイハイをしなくても、急につかまり立ちを始める子もいます。「ハイハイは全身を鍛える」と言われたりしますが、ハイハイをしない子はハイハイをしない分、別の筋肉を使って動いているので、特に身体が鍛えられていないということはありません。(看護師)
お座りの状態からお尻をずりずりして移動する子を、シャフリングベビー といいます。特徴として、首座りやお座りは遅くない・寝返りしない・ハイハイしない・言葉が遅い場合があります。立たせようと腋を支えて抱えると、一般の子はジャンプするように膝を曲げますが、シャフリングべビーは膝を曲げることができません。足の筋肉が弱い子に起こるといわれ、歩き出しは1歳半~2歳と遅めですが、その後の成長に影響がないことが多いようです。(産科看護師)

歩き始める時期には個人差あり、発達面の心配は健診で相談を

歩き始める時期や成長はそれぞれです。発達面での心配は1歳半健診で相談し、特に異常がなければその子の成長ペースを見守りましょう。

早い子は10カ月くらいから歩き始めることもありますが、平均的には1歳前後が多いようです。そして歩き始めが遅い子では2歳くらいからということもあるようです。発達面の問題は可能性的にないとはいえませんが、不安が拭えないなら、1歳半健診で相談すると専門的なアドバイスがもらえるでしょう。(看護師)
子どもの成長はそれぞれなので、他の発達面で異常がなければ、このまま見守ってください。身体に異常がなくても、2歳を過ぎてから歩き出す子もいれば、5歳になってやっと歩き出した子もいます。歩き出さないことで焦っているのは周りの大人だけで、本人は自分のペースで成長しているので、もう少し成長を見守りましょう。(産科看護師)

ハイハイをしないままつかまり立ちを始める子もいます。お尻歩きをする子は歩き出しが遅めですが、その後の成長に影響はないことが多いようです。歩き始める時期には個人差があるので、1歳半健診で発達面等の異常の指摘がなければ、成長を見守るのがよいようです。


2016/02/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)