頻尿

2014/11/01

妊娠後期の寝汗と頻尿。出産まで乗り切るしかないの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠後期の寝汗と頻尿。出産まで乗り切るしかないの?

妊娠8カ月の妊婦さん、妊娠初期は全くなかったつわりの症状に、後期になり悩まされています。特にひどいのが、寝汗と頻尿とのことですが、この症状は果たして出産まで続くのでしょうか。辛いつわりでストレスが溜まっているママに、看護師さんたちはどう答えているのでしょう。

妊娠8カ月のプレママからの相談:「寝汗・頻尿がつらい。このまま出産まで続くの?」

妊娠8カ月の妊婦です。今までつわりもなく過ごすことができたのですが、最近後期のつわりのような症状に悩んでいます。特につらいのが寝汗と頻尿です。

夜中2時間おきにトイレに立ち、その際汗びっしょりになっているため着替えています。便秘症で羊水過少気味でもあり、水分補給を多めにしているのですが、あまり飲みすぎると夜中のトイレが頻繁になりそれもストレスです。これは出産まで我慢するしかないのですか?(30代、女性)

妊娠中の寝汗は自然なこと。あまりにひどいのなら主治医に相談を

妊娠中は体温が高くなるので寝汗をかきやすいものです。けれども甲状腺機能亢進症など他の原因でも寝汗をかきやすくなるので、心配な時は一度検査をするべきだと教えてくれました。

妊娠中はプロゲステロンというホルモン値が高くなり、体温を高く保つ働きをします。ですから、妊娠中の寝汗は自然なことなのです。もし寝汗の原因がこのホルモンであれば産まれるまで少々辛抱が必要です。 また他の原因で寝汗がひどくなる場合もあります。甲状腺機能亢進症・風邪・炎症時も体温が上がり寝汗がひどくなる場合があります。一度主治医に相談して検査をしてもらうのはいかがでしょうか?(一般外内科看護師)

頻尿の場合は、水分量を見直してみましょう

水分を一日にどれくらい摂っているのかを確認してみましょう。目安量以上の多量の水分摂取はむくみの原因にもなります。また、便秘解消も含めて、水分を生野菜や果物に変えてみてはどうかと教えてくれました。

水分は一日にどれくらい摂っているのでしょうか?多量の水分摂取はむくみの原因にもなります。一日に1500~2000mlが目安です。便秘解消も含めて、水分を生野菜や果物に変えてはどうでしょうか?お茶であれば、たんぽぽ茶やローズヒップティー、ハイビスカスティーがいいと言われています。睡眠不足でお辛いでしょうが、少しでも休むようにして下さい。現在の症状を主治医に伝え、相談して下さいね。(産科看護師)

それぞれの症状に合った改善法を試そう

妊娠中の頻尿・寝汗・便秘は仕方のない事なので、少しでも不快感が軽減される方法を見つけることが大切なようです。

寝る直前の水分補給は少なめでよいでしょう。反対に、朝は脱水になっていることが多いので、しっかり摂ります。お布団は、敷きパッドなどの活用をオススメします。布団を毎日干さなくても、敷きパットだけ干したり、洗濯して取り替えるのが便利です。便秘は、食物繊維も大切ですが腸内環境を整えるのも大切です。私の場合は、乳酸菌飲料を毎日飲んで快便になりましたよ。(産科看護師)

妊娠期間も、残りあとわずかです。今回ご相談された寝汗や頻尿の症状は、妊娠期特有のものなので、出産まで続くと思われます。少しでも和らぐ方法を探してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加