イヤイヤ期

2歳児、イヤイヤ期なのか体調不良なのかわからない

イヤイヤ期真っ盛りの2歳児が不調を訴える時、わがままなのか本当に具合が悪いのか見極めが難しいことがあります。今回の相談者さんもそのような悩みを抱えるひとりですが、専門家たちはどうアドバイスしているでしょうか。

ママからの相談 :「わがままと体調不良の見極めが難しい」

2歳の子がいます。最近はイヤイヤ期か、自我が芽生えてきているのか、少しのことで泣き出します。少し前に理由もなく急に泣き出し、いつもはすぐに泣き止むのになかなか泣き止まないのでどこか痛いのかと聞くと、頭と答えました。鵜呑みにして病院に行くにも抵抗がありその日は様子を見ましたが、以前はよく食べていたのに少食になっています。全ては成長の階段なのか、本当に体調が悪いのか見極めが難しいです。(26歳・女性)

甘えさせてみて様子を見る

大人の関心をひくために不調を訴えている可能性もあります。まずは甘えさせてみて機嫌が直ったり、体重が極端に減っていなければ様子見でもよいかもしれません。

お母さんが妊娠中、または下のお子さんが産まれていませんか?質問の内容から赤ちゃん返りかと思うのですが、そうでなければお母さんに甘えたい、かまってほしい、お母さんの関心をひきたいのかもしれません。泣きだしたらそっと抱きしめて、大丈夫ということを教えてください。普段以上にスキンシップを図り、お子さんが甘えたいだけ甘えさせてください。(産科・婦人科看護師)
食事の時には「すごいね。食べられたね~これも食べてみようか?」と声掛けを多くしてください。イヤといったら無理に食べさせる必要はありません。食事量が減っても、極端に体重減少がなければ様子をみてよいでしょう。(産科・婦人科看護師)
自分の気持ちを上手く表現できないうちは、伝えやすいので「痛い」といいます。これもお母さんの関心をひく手段の一つです。お子さんが痛いと訴えたら怪我がないか確認し、何もなければさすったり、「薬だよ」といってハンドクリームを塗ってみてください。すぐにケロっとするようでしたら心配ありません。(産科・婦人科看護師)

いつもと様子が違うようなら受診を

まだ言葉できちんと説明できる年齢ではないため、普段と様子が違うと感じるようなら病院で診てもらうようにしましょう。

2歳という年齢は「イヤイヤ期」と重なり、わがままが通らないから泣くのか、本当に体調が悪くて泣いているのか区別が難しいことがあります。言葉も発達段階で、話せてもはっきりと自分の意見がいえるわけではありません。子どもの側にいるお母さんが「いつもと様子が違うかな?」と思った時の勘も大切にしてください。(一般内科看護師)
熱があったり、下痢したり、元気のない日が続くようなら、病院を受診してください。(産科・婦人科看護師)
もし本人が「頭が痛い」と訴えているなら頭痛かもしれませんし、風邪の前兆かもしれません。なかなか泣き止まずいつもと様子が違うようなら小児科に診てもらってもよいと思います。もしかしたら重大な病気が隠れているかもしれませんし、異常がなければお母さんも安心するはずです。顔色や体調など観察して元気がない様子なら、一度医療機関を受診してください。(一般内科看護師)

まだ甘えたい時期なので甘えさせながら子どもと向き合い、いつもと様子が違うようなら病院へ行くのが解決策といえそうです。


2016/03/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)