話題・時事ネタ

保育園問題に関するツイッターの投稿が波紋…有識者たちの反応は?

保育園の入所を拒否され、怒りの投稿

「保育園落ちた日本死ね!!!」の題名がつけられたブログが世間で大きな話題を巻き起こしています。ことの発端は、投稿者の子供が保育園の入所選考に落ちてしまったことでした。これを機に、投稿者は日本政府に対して痛烈な批判を浴びせました。

さらに投稿者はブログの中で、「無駄な金を使うぐらいなら保育園を作れ」「保育園を作れないなら児童手当を増やせ」と主張し、現存する育児問題の改善を訴えかけました。

ネットでは賛否両論

この主張に対する人々の意見は賛否両論です。ツイッターでは以下のような意見が主張されています。

駒崎弘樹氏は、「怒りを原動力に行動し、政府を振り向かせよう」と主張しています。

また、安保法案デモで有名なSEALDsも、声を上げることが重要だと主張しています。

一方で、東京都議会議員のおときた駿氏は人口減少による保育所の需要の低さや、ベイビーシッターの活用などの面から保育所の増設に反対しています。

このように、ネット上では様々な意見が交わされています。異なる立場の人がそれぞれ独自の視点から問題を捉えており、投稿者の発言を擁護する人もいれば、批判する人もいるようです。

参考サイト

保育園落ちた日本死ね!!!


2016/02/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部