昼寝

お昼寝しなくなってきた息子。何歳まで昼寝が必要?

子どもがお昼寝をしたがらず、無理やり寝かすと機嫌が悪くなる、という状況では、本当に昼寝が必要なのかと疑問に思うのも無理はありません。お昼寝をしなくなってきた2歳の息子がいるお母さんの悩みに対し、看護師さんたちのアドバイスとは。

ママからの質問:「お昼寝の重要性について」

現在2歳3カ月の息子は体力があり余っているようで、午前中に公園で2時間ほど遊ばせないとお昼寝をしなくなりました。身体は小さいほうでよく風邪をひくのでなるべくお昼寝をさせたいのですが、無理やり寝かせようとすると逆に機嫌が悪くなり手がつけられなくなり、私もついイライラしてしまいます。何歳頃までお昼寝をさせた方が良いのでしょうか。またお昼寝をするのとしないのでは何か変わってくるのでしょうか。(30代・女性)

昼寝は身体だけでなく脳や情緒の成長にも不可欠

睡眠と成長には切っても切れない関係があります。2歳の子どもは1時間半から2時間の昼寝が必要だということです。

昔から、寝る子は育つというように、子供にとって睡眠は大切なものです。寝ている間に成長ホルモンの分泌が活発になりますから、睡眠不足の子は身体の成長が悪くなる以外に、学習能力の低下、記憶力の低下、情緒不安定などがみられるようになります。2歳でしたら、昼寝を含めて1日に13時間の睡眠が必要ですから、夜間の睡眠を10~11時間、昼寝を1.5~2時間はとれるようにしてください。(産科看護師)
15時以降の昼寝は、夜の寝つきが悪くなりますから、できれば避けてください。少なくとも3歳くらいまでは昼寝は必要です。(産科看護師)

無理やり寝かさずママも一緒に昼寝を

午前中はしっかり遊ばせ、昼寝の時間になったらママも一緒に横になり、静かな環境を整えましょう。毎日そのようにするうちに、自然に良い習慣がつくようです。

なるべく規則的な生活で、朝は7、8時には起こし、朝の光を浴びさせてください。朝の日光を浴びることで体内時計がリセットされます。お昼ご飯までは思い切り遊ばせ、お昼ご飯を食べて13時くらいにお母さんも横になって、無理やり寝かすのではなく、一緒に寝転んで絵本を読んであげたり、静かに話しかけて、昼寝の環境を作ってください。始めはできなくても、お母さんが横になっていると、自然と真似をして昼寝をするようになると思います。(産科看護師)
お昼寝の時間、お母さんはなにかしていますか?子どもとしては、ママが起きてるならママと一緒に過ごしたいと思うはずです。寝かされようとすればママに嫌われたから?って不安になっているのかもしれません。お昼寝をするときはお母さんも一緒に横になってください。静かな音楽を聴きながらなど眠る環境をつくってあげてはどうでしょうか。(内科看護師)

昼寝は心身の健全な成長に不可欠であり、3歳くらいまでは必要だということです。無理やり寝かそうとするのではなく、お昼寝の時間になったらママも一緒に寝転んで静かな環境を作り、自然に習慣づけをするのがよいでしょう。


2016/03/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)