地域情報

「待機児童」を減らすにはまず、保育士の待遇改善を。ツイッターの反応は?

「待機児童」が生まれる要因は保育士不足

2月28日東京都練馬区で「新制度で保育はどうなったか?待機児童、保育の質、子育て支援」(主催:公的保育を守る練馬連絡会)が開かれました。

このシンポジウムは、保育園不足、待機児童問題を考えるもので、幼い子どもを持つ約100人の親が参加しました。

当日は、保育園問題に詳しい元帝京大学教授の村山祐一さんが保育士不足の原因を指摘、待遇の改善を求めました。

保育士の平均年収は全職種の平均より「100万円」も安い

村山さんは「全職種の平均が約325万円に対し、保育士の平均は約214万円で100万円以上低い」(平均年収は「平成24年賃金構造基本統計調査」)

「今の社会において、週休2日が基本であるのに対し、保育士は当たり前のように休みも取れなく、しかも給料も安い。待遇が良くない。」

「待遇を改善するために、8時間の労働時間のうち、子どもの世話を6時間、会議や研修を2時間とすれば良いのではないか?そのためには、職員を2割は増やす必要がある」と、処遇改善の必要性を語ります。

Twitter上でもこの問題は多くの方が関心を持っています。

国が待遇改善を考えないと、箱を増やしても何も変わらないとの意見もあります。

また、介護士についても保育士と同様の問題があるという意見もあります。

政治家の松本浩一さんは、保育士の方の処遇改善としてこんなことをしている地域もあると言います。

以上のように「待機児童」問題は大きな社会問題となっていて、多くの方がtwitterでこの問題についてツイートしています。

現役保育士の4人に1人が「保育士を続けたくない」

また、東京都福祉保健局が公表した「東京都保育士実態調査報告書」も紹介され、現役保育士の4人に1人が「保育士を続けるつもりはない」と回答しました。

では、どのように条件が改善されたらよいか?との質問には、週休2日、平均年収約308万円との意見が多かったようで、前出の村山さんによれば「これは今の社会では普通のこと」と話しています。

▼外部リンク 弁護士ドットコムNEWS


2016/03/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部