育児ストレス

2016/03/15

2人の子どもを1人で世話、体力的にも精神的にも限界です

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

2人の子どもを1人で世話、体力的にも精神的にも限界です

実家にも夫にも近所の人にも頼れない環境で、赤ちゃんと上の子の世話を毎日1人でこなしていると、いろいろな意味で限界になり、倒れそう、爆発しそうと感じるでしょう。そんな状況を乗り切るよい方法はないかという悩みに対し、看護師さんたちのアドバイスとは。

ママからの質問:「1人で2人の子どもの世話、体力的につらいです」

母乳で育てているため、赤ちゃんのお腹がすくたびに起こされてしまい、熟睡することができません。両親は遠くに住んでおり、夫も単身赴任中で、近くに頼れる人もおらず、毎日睡眠不足が続く中、平日は私1人で家事や育児、上の子の幼稚園の送り迎えもあり体力が限界に来ていて倒れそうです。また精神的にもストレスが溜まり爆発しそうです。時間が解決するとは思いますが、何かよい方法があったら教えてください。(30代・女性)

昼間、赤ちゃんの寝ている時間を活用して休息を

上の子が幼稚園に行っている昼間、赤ちゃんが寝ている時間に家事を済ませようとするのではなく、その時間を休息や自分の時間に充てるようにというアドバイスがありました。

1人で小さいお子さんの子育てに追われ、疲れている事が伝わってきます。上のお子さんが幼稚園に行っている間、下のお子さんが寝ている時はお母さんも休むようにしてください。10分ほどの短時間でも、目を閉じて横になるだけでも身体は休めます。掃除や洗濯など、後回しにできる家事は手抜きしてください。一度に何でもやろうと思わず、今日はこれとこれと、優先順位を決めて、明日できることは明日に回しましょう。(産科看護師)
上のお子さんが幼稚園に行っているということなので、昼間赤ちゃんが寝ているときは一緒に寝るか、自分の好きなことに没頭してください。家事は幼稚園からお子さんが帰ってきて、眠れない状況の時にいっぺんにやってしまうのはいかがですか?また、赤ちゃんが起きているときはどうにか笑わせてみたりすると、自分も楽しくなり笑顔になるはずです。(看護師)

ひとりで抱え込まないよう工夫して

地域の子育て支援センターの活用や、SNSなどを通して友達を作ることもお勧めします。実際の助けだけでなく、相談に乗ってもらえることで精神的な負担を軽減することにもつながります。

誰にも頼れないのでしたら、子育て支援センターというものが各地域に設置されています。子育てに関する相談から、情報提供、ベビーシッターの派遣の紹介もしてくれます。直接、施設に問い合わせてもいいですし、保健所でも相談にのってくれます。(産科看護師)
近所に友達がいないのであればSNSなどをやってみてはいかがですか?きっと気持ちを共有したり、よいアドバイスがもらえる機会も多くあると思います。環境の変化も大切です。赤ちゃんを連れて散歩もよいものです。(看護師)

1人での育児は体力的にも精神的にもつらいもの。赤ちゃんが寝ている間に休むようにし、子育て支援センターなどの助けも活用するとよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加