産後ダイエット

2016/03/18

産後太りで血液検査に異常値が!どう改善する?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後太りで血液検査に異常値が!どう改善する?

出産前後は太りやすく、産後の体重管理に苦労するママも少なくありません。産後3カ月で受けた血液検査の結果に悩むママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「産後太りで血液検査に異常が出て、生活習慣病になりかねないと言われました」

産後4カ月。体重が戻らず、むしろストレスから太り続けています。先日、赤ちゃんの3カ月検診のときに、私の血液検査をしてもらった結果「血液検査で異常が出たので医療機関に行ってください」と通知が来てしまいました。コレステロール値と中性脂肪ともに正常値をはるかに超え、病院でも、このままだと生活習慣病になりかねないので改善するように言われました。赤ちゃんのお世話をしながら、どのように改善していけばよいでしょうか。(30代・女性)

太っても必ずしも中性脂肪が高くなるわけではない

太った結果、必ずしも血液検査が異常値になるわけではないようです。

妊娠、出産、育児とホルモンバランスがくずれて太りやすいということはありますが、太ったからといって血液検査で異常が出るわけではありません。太っていても中性脂肪は低い人もいますし、痩せているのに中性脂肪値が高い人もいます。病院での指導として「このままだと生活習慣病に」となるのは当然でしょう。たいした異常でなくてもそのような指導をされるはずです。(看護師)

食事と運動で生活改善を

散歩程度でもいいので運動を行いましょう。食事で気をつけるべきポイントについてもアドバイスがありました。

数値にもよりますが、治療を勧められたわけではないようなので、日常生活の改善で十分でしょう。コレステロールなどは脂・油物が多い食事にも影響されますが、もっとも影響を受けるのは運動です。子どもを連れて気分転換に散歩に行ったり、毎日自宅でストレッチを行うだけでも違ってきます。まずは脂物を取りすぎないことと、簡単な運動を心がけてみてください。(看護師)
現在の育児形態は母乳でしょうか、ミルクでしょうか。母乳をあげていればその分カロリーを消費しますので、一般的に体重の戻りがいいとされています。ミルクの場合はその消費分がないので太りやすいです。お子さんを連れて散歩をして、簡単でいいので運動を行うようにしてください。寒い季節で風邪なども気になるようでしたら、ショッピングセンターを歩くなどしても構いません。運動量を増やすことを意識してください。(血液内科)
食生活を見直して、食物繊維を多く摂るようにしましょう。また、低GIの食品を摂るよう意識してください。GI値とは血糖の上がりやすさを意味していて、高いほど腹持ちが悪く太りやすくなります。白米や食パン、うどんはGI値が高いです。GI値の低い玄米や雑穀米、ライ麦や全粒粉のパンを摂るようにすると、すぐにとはいきませんが痩せることができます。興味があったら低GI食品で検索してみてください。(血液内科)

出産前後は太りやすくなりますが、太ることで必ずしも血液検査で異常値がでるわけではありません。運動を行い、食事の脂分やGI値を意識して、生活習慣を見直してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加