産後ダイエット

産後半年、常にだるく、体重も妊娠前から8kg増…!

出産前後で、心身の調子を崩してしまうママは少なくありません。産後、常に身体がだるく調子を崩していることに悩んでいるママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「産後半年、不調気味で身体もだるいです。体重も増えて焦っています」

産後半年の新米ママです。出産後、とにかく風邪など体調を崩すことが多く、常に身体が気だるい感じです。外に出るのも面倒で、スーパーに1時間ほど行くぐらいです。また、食欲がすごく、常に何か口に入れている状態で、体重も妊娠前と比べ8kg増です。母乳は薬を飲むため、3カ月で止めてしまいました。同時期に子どもを産んだ友人は元気で、毎日いろいろな所に出かけているので正直焦っています。(20代・女性)

運動不足や薬もだるさの原因に

身体がだるくなる原因として、運動不足や薬の副作用があると教えてくれました。だるさの原因を知ることも重要なようです。

「外に出るのも面倒」というくらいなので、おそらくは自宅でもストレッチや運動をされていないのではないでしょうか。体重の増加は、食欲があっても運動をしないのであれば当然のことだと思われます。人間は身体を動かさなければ血液の流れや新陳代謝が悪くなるので、だるくなってしまいます。寝すぎて身体がだるいというのはこういったことが原因にもなります。もちろんホルモンバランスのくずれも気だるい原因でしょう。(看護師)
薬の中には副作用でだるくなるものがあり、特に精神的な薬の場合、だるさが出ることが多いです。副作用が出ている可能性もあるので、ずっと飲み続けないといけない薬なのであれば、処方医師に副作用など相談してみましょう。出産育児のストレスでうつ状態になることも珍しくありません。うつ状態であればやる気も出ませんし当然気だるさも出ます。まずはそのだるさの原因を知ることが重要かもしれません。(看護師)

野菜と低GI食品を摂ってみて

満腹感を感じやすく、腹持ちがよくなる食事の摂り方についてアドバイスがありました。緑黄色野菜や低GI食品がおすすめなようです。

まずは他人と自分を比べないでください。人それぞれです。できないことはしなくて結構ですので焦る必要はまったくありません。身体がだるいのは、体重が増えたことやビタミンやミネラルが不足していることが原因かもしれません。食生活を見直してはいかがでしょうか。緑黄色野菜は摂れていますか。トマトやブロッコリーなど、ビタミンAやCを含む食品を検索してみてください。 (循環器内科)
食欲に関しては、炭水化物を摂りすぎていませんか。白米、パスタ、パンなどは炭水化物を含み血糖の上昇をもたらす食品です。速やかな血糖の上昇は、腹持ちの悪さにつながります。食物繊維を各食事で最初に摂り、次に汁物を摂るようにしていくと満腹を感じやすく、食べる量が減らせます。また主食は抜くのではなく、玄米にしたり、全粒粉やライ麦のパンなどにすると腹持ちがよくなり、食欲を抑えることができます。(循環器内科)

運動不足や薬の副作用で身体がだるくなることもあるようです。まずは、だるさの原因を知りましょう。食事では、緑黄色野菜でビタミンとミネラルを補い、低GI食品を活用して満腹感をコントロールみてください。


2016/03/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)