生理の悩み

一週間以上続き腹痛や頭痛が伴う生理、受診した方がよい?

毎月の生理がとても憂鬱…そのような女性は多いでしょう。痛みやイライラなど生理に伴う症状は不快なもの。そのような症状に悩む女性に対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

生理についての相談:「一週間以上続き、痛みもひどいです」

生理2日目や3日目に出血量が多い、腹痛があるという話をよく聞きます。実際に周りの友人に聞いてもそういう人がほとんどで、なかには痛みがない人もいるようです。しかし私は生理が7日以上続いたり、1日目から出血量が多いのです。頭痛や腹痛、腸が痙攣するような痛みもあります。自分の生理の状態が普通なのか判断できず、どうすればよいか悩んでいます。婦人科を受診した方がよいとも言われましたが、なかなか勇気が出ません。(20代・女性)

生理に伴う症状は多種多様

生理の症状は、痛みの程度、出血量など人それぞれです。月経前症候群(PMS)でも多種多様な症状が出るといわれています。

生理の症状は様々です。ほとんど痛みがない場合もあれば、初日から下腹部の鈍痛があったり、痛み止めを飲まなければならない人もいます。月経前症候群(PMS)といって、生理予定日の10日~1週間前から、頭痛や吐き気の症状が出る人もいます。出血量も毎回同じというわけではなく、予定日より遅く始まった場合には、子宮の内膜が厚くなっているので、固まりも出るし出血量が多くなることがあります。(婦人科看護師)
月経前症候群の症状は、200種類以上あるといわれています。(循環器内科看護師)

一人で悩まず、婦人科を受診して相談を

生理の症状は人と比べることができません。気になる症状があったら婦人科を受診し、一人で悩まず医師やスタッフに相談できるとよいでしょう。

生理はストレスや環境の変化にも影響されますが、人と比べることはできません。生理周期が不順、1週間以上も出血が続く、生理期間を通して塊が出る、出血量が多いなどの症状があったら早めに病院を受診してください。また、できれば基礎体温を測り、排卵が起こっているか、自分の生理周期はどれくらいかチェックしておくとよいでしょう。(婦人科看護師)
悩んでいるなら、病院を受診して大丈夫です。生理に関連する様々な症状に対して、薬を処方したり、現在感じている症状を和らげることもできるので、婦人科の受診を前向きに検討してみてください。月経前症候群は誰でも当てはまるのに、受診する人は少ないもの。1人で抱えず、病院の医師やスタッフに相談して、今ある悩みを軽くできるとよいですね。(循環器内科看護師)

生理の症状は、痛みの程度、出血量など人それぞれ。月経前症候群の多様な症状に悩む人も多くいるようです。人と比べて判断することができないので、気になる症状があったら一人で悩まず、婦人科を受診して医師やスタッフに相談することも一案です 。


2016/03/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)