地域情報

2016/03/10

杉並区が保育所定員を320人増やし待機児童解消目指す。ツイッターでの反応は?

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

杉並区が保育所定員を320人増やし待機児童解消目指す。ツイッターでの反応は?

増える待機児童に対する杉並区の取り組み

3月1日、杉並区の田中良区長が待機児童問題を解消するべく、来年度当初予算案に盛り込んでいた認可保育所10ヶ所、定員を750人増やす計画をさらに320人増やし、1070人の児童の受け入れを目指します。保育所はさらに4ヶ所増える予定です。

このニュースに対してのツイッター上での反応は?

保育園ふやし隊@杉並さんは緊急対策のプロジェクトチームも作られる、期待したいと言っています。

うえ@2015ver.さんは素晴らしいと絶賛!

moko3さんは切実な訴えです。

Twitter上では、期待したいというツイートが多数です。待機児童問題は今、働く女性にとって切実な問題です。

待機児童はまだ増える?

杉並区の話では、昨年、4月1日の時点では、待機児童は42人(0歳、1歳児が中心)いたそうで、それを踏まえ、今年度は定員を大幅に671人増やしました。

ところが、未就学児の人数、利用申し込みの数が予想よりも多く、今年の4月には最大約190人の待機児童が出てしまう見込みになるそうで、定員拡大が必要との判断に至ったそうです。

田中区長は「2017年4月に何としても待機児童ゼロを達成すべく取り組む」と話しているそうです。

参考サイト

杉並区公式ホームページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加