カフェイン

妊娠中のカフェイン摂取について詳しく知りたい!

妊娠中にカフェインを摂ることについて、とても気を遣う人と全然気にしない人がいますが本当はどうするのが正解なのでしょう。妊娠中のカフェイン摂取に悩む妊婦さんに看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

妊婦さんからの相談:「妊娠中はカフェインをまったく摂らない方がよいのでしょうか」

妊娠中のカフェイン摂取について教えてください。妊娠中はカフェインの摂取を控えた方がよいとのことですが、一日数杯のコーヒーでも控えた方がよいのでしょうか?また、コーヒー以外でも緑茶などにはたくさんカフェインが含まれていますが、妊娠期間中は麦茶などにしておくのが賢明なのでしょうか?(30代女性)

一日のカフェイン摂取の適量を知り、代わりとなる飲み物も試してみましょう。

一日一杯程度のコーヒーなら飲んでも大丈夫なようです。ノンカフェインの飲み物の摂取方法について看護師さんがアドバイスしてくれました。

妊娠中のカフェインは一日100mg以下(コーヒー1杯分)なら問題ないと言われています。むしろ飲めないことによるストレスの方が、赤ちゃんにもママにも精神的に有害かもしれません。(看護師)
ノンカフェインの飲み物であるタンポポコーヒーや麦茶、デキャフェイン(カフェイン抜き)のコーヒーを飲みつつ、合間にカフェインを含んだ飲み物を今までよりも少ない量で摂取して、バランスをとるのも一案です。(看護師)

妊娠中、カフェインを控えた方がよいのはなぜかを知っておきましょう。

理由も知らないまま好きなものを我慢するのはつらいものです。妊娠中にカフェインを控えた方がよい理由を看護師さんが教えてくれました。

妊娠中にカフェインを控えた方がよい理由には三つあります。第一に、カフェインは尿に排出されるカルシウムを増やすためです。赤ちゃんにもママにもカルシウムが必要なのに、カフェインがカルシウムを排出してしまいます。第二に、赤ちゃんの体内にカフェインが長期間残るためです。カフェインは胎盤を通して赤ちゃんの体内に運ばれます。赤ちゃんの肝臓は未発達なためカフェインは排出しきれず長い間体内に留まり、赤ちゃんにとって大きな負担となります。第三に、大量のカフェインは胎児の発育障害や死亡の原因となりうるためです。カフェインと胎児の発育障害や死亡を関連づける研究もあります。(看護師)

妊娠中のカフェイン摂取の目安や代わりとなる飲み物、カフェインを控えたほうがよい理由がわかりました。ノンカフェインの飲み物を上手に利用して、この時期を少なめのカフェインで乗り切っていきましょう。


2014/11/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)