話題・時事ネタ

2016/03/16

虐待相談窓口は児童相談所から市区町村へ。ツイッターでの反応は?

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

虐待相談窓口は児童相談所から市区町村へ。ツイッターでの反応は?

相談機能を市区町村に移管することを提言

厚生労働省社会保障審議会児童部会の新たな子ども家庭福祉のあり方に関する専門委員会(委員長・松原康雄明治学院大教授)は3月10日、新たな子どもの家庭福祉体制の整備に関する提言をとりまとめました。厚労省は報告書に基づいて、今国会中に児童福祉法の改正案を提出すると見られています。

報告書内の提言では、児童相談所(児相)を「介入」と「支援」の機能に特化することが求められています。
これまで児相は「相談」の機能も担ってきましたが、「相談」については市区町村へと移管することが提言されています。これは市区町村の方が市民に身近であること、虐待通告数が増え、児相の対応が限界に達していることなどが理由として挙げられています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加