市販薬

2014/11/02

子供の風邪症状は、市販薬で対応可能?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子供の風邪症状は、市販薬で対応可能?

小児科などで別の感染症を貰ってしまうのが嫌で、子供が風邪をひいても市販薬で対応しているというママからの相談です。飲むとよくなるのですが、病院で処方される薬との違いについて、看護師さんたちは何と説明しているのでしょうか。

市販薬についての相談:「子供の風邪症状。いつも市販薬だけを飲ませるのはよくない?」

風邪やインフルエンザの季節、病院は小さな子供の咳・鼻水やよだれなどでウィルスが蔓延しているような気がします。そんな中に風邪のひき始めの子供を連れていくと、別の菌を貰ってきそうなのが嫌で、最近では病院へ行かずに市販薬を飲ませてしまうことばかりです。小学生なので大丈だと思うのですが、常に市販薬で対応するのはよくないのでしょうか。病院で処方される薬と違って、危険があるのか気になります。(30代・女性)

用法用量を守って服用する分には、特に問題はないでしょう

市販薬は、病院で処方される薬よりも成分が弱いため、用法用量を守って服用すれば問題はないようです。しかし数日飲んでもよくならない場合は、病院を受診してお子さんの症状に応じた薬を処方してもらった方がよいのではないでしょうか。

市販薬はきちんと医療機関の検査を受けていますので、飲み方を誤ったりしない限り危険性はないでしょう。しかし長期に渡る服用や症状が改善されない場合、やはり病院を受診して、お子さんの年齢や体重に応じた適切な量の薬を処方してもらった方がよいでしょう。(産科看護師)
市販薬は病院で処方される薬よりも安全性が重視されており、成分も弱いため、用量・用法を守って服用すれば安全でしょう。ただし総合風邪薬などは、例えば咳は出ていないのに不要な咳止めの成分まで服用することになるので、できれば病院で診察を受けた方が望ましいのではないでしょうか。(看護師)
用法用量を守っている限りは危険性はないと思いますが、もし今までに、何かのお薬でアレルギーが出たという経験がある場合は、市販薬購入の際に必ず薬剤師に相談してください。(薬剤師)
病院で処方される薬は、その時のお子さんの症状に合ったもので体重に応じた量が出されます。もしも市販薬で症状が治まらないようなら、必ず病院を受診して服用した薬についても医師に伝えるようにしてください。(薬剤師)

風邪などが流行る時期は、病院じゃなくてもウイルスがいっぱい!

インフルエンザなどが流行する季節は、病院に限らず人ごみに出ればウイルスがいっぱいです。手洗い・うがいを励行して、できるだけウイルスを身体に入れないようにしましょう。

風邪の引き始めの子どもを、病院に連れて行きたくないお気持ちはとてもよくわかります。特にこれからの時期は、病院でなくてもスーパーや人ごみにもウイルスは蔓延していますので、出かける時は必ずマスクを装着し、帰宅後はすぐに手洗い・うがいを行い、乾燥を避けるようにするとよいでしょう。(看護師)

市販薬は、病院で処方される薬と比べると成分が弱いので、用法用量を守って服用すれば特に問題はないようです。しかし症状が長引くようでしたら、病院を受診してお子さんに合った処方薬をもらった方がよいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加