女性の病気

2016/03/22

水っぽい鼻水の原因は花粉症?それとも風邪?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

水っぽい鼻水の原因は花粉症?それとも風邪?

3人に1人がかかっており、今や国民病ともいわれる花粉症。自身も長年花粉症に悩み、我が子も花粉症になってしまったのではないかと悩むママに対し、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「水っぽい鼻水は花粉症?風邪?」

15年ほど前からひどい花粉症に悩まされています。夫も上の子も花粉症ですが、比較的症状は軽い方です。ここ数日、下の子が水っぽい鼻水を出すようになりました。熱はありません。私もここ数日鼻がムズムズするのですが、花粉症を疑ったほうがよいのか悩んでいます。それとも風邪でもこのような鼻水が続くことはあるのでしょうか。(30代・女性)

風邪と花粉症は区別がつきにくい

風邪と花粉症は共通の症状があるので区別がつきにくいものですが、他に発熱・くしゃみ・目のかゆみなどの様子を観察してみましょう。

菌やウイルスが鼻の粘膜に感染した初期は水っぽい鼻水が出てくるため、花粉症との区別がつきにくいものです。(麻酔科医師)
風邪と花粉症は鼻水や鼻づまり、くしゃみなど共通の症状があることから区別がつきにくいことがあります。区別をするポイントは、発熱の有無や鼻水やくしゃみの状態、鼻のつまり方や目の痒みなどを観察するとよいでしょう。(一般内科看護師)

風邪の症状は、鼻水の他に鼻づまり・発熱・咳・痰なども

風邪の場合の症状として、発熱・咳・痰などが出ます。鼻水は水っぽいものから粘っこい鼻水に変わり、鼻が片方ずつ詰まることもあります。

感染であれば、数日してから発熱・咳・痰などの症状が出て、感染が治まるころには鼻水も緑や黄色に変わり、粘っこくなります。まだ免疫力の弱い小さな子どもにおいては、特に風邪が流行る冬の時期に治りかけた風邪がぶり返したり、別の菌やウイルスに感染したりして、1カ月以上鼻水が出続けているという状態が多く見られるものです。(麻酔科医師)
風邪の場合は発熱があるのが一般的です。また、風邪の初期は花粉症のようなさらさらの鼻水が出ますが、だんだん粘液性の鼻水に変化していきます。鼻づまりは風邪では片方ずつ起こります。発熱や鼻水の状態を観察して様子を見るようにして下さい。(一般内科看護師)

花粉症の症状は、鼻水の他にくしゃみや目の痒みなども

花粉症の場合の症状は、常に出る水っぽい鼻水・くしゃみ・目のかゆみが特徴です。このような症状があるときは受診して検査を受けましょう。天候により悪化しやすいので注意しましょう。

花粉症の鼻水は常に水っぽく透明でさらさらしており、くしゃみや目のかゆみなどの症状も伴ってくれば、花粉症やハウスダストアレルギーを疑って、一度耳鼻科やアレルギー科で検査を受けてもよいでしょう。(麻酔科医師)
花粉症では、発熱があったとしても微熱程度で済みます。鼻水はさらさらした水っぽい鼻水でくしゃみも連続して起こります。鼻づまりは両方同時に起こります。また目のかゆみを伴えば花粉症を疑います。花粉症は晴天の日や強風のときに症状が悪化する傾向にあるので、天気なども考慮しながら様子を見ていくとよいでしょう。(一般内科看護師)

風邪と花粉症には共通の症状があり区別をつけにくいですが、風邪なら鼻水の変化や発熱・咳・痰等の症状、花粉症なら水っぽい鼻水・くしゃみ・目のかゆみの症状があるかを目安として観察するとよいようです。心配な時は受診して検査を受けることも一案です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加