つわり

2014/11/04

つわりは、赤ちゃんが元気な証拠というのは本当?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

つわりは、赤ちゃんが元気な証拠というのは本当?

初めての妊娠が判明した直後から、つわりが始まりました。つわりは赤ちゃんが順調に育っている証拠だと言われましたが、本当だろうかと疑問に感じるママに、助産師さんや看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「妊娠判明直後からつわりが始まりました。つわりは、赤ちゃんが順調な証拠と言われましたが本当でしょうか?」

初めての妊娠です。妊娠していることに気づいた直後からつわりが始まりました。「つわりがあるということは赤ちゃんが元気に育っている証拠だから頑張れ」と言われたのですが本当でしょうか?(30代、女性)

つわりは、妊娠中に分泌されるホルモンの影響で起こるといわれています。

妊娠すると、分泌される様々なホルモンの影響で吐き気などさまざまな症状が出ると言われています。そのため、つわりは順調に赤ちゃんが育っている証拠とも捉えられると教えてくれました。

妊娠すると、絨毛と呼ばれる後に胎盤になる部分ができます。そこからhCGホルモンが分泌され、脳の嘔吐中枢を刺激することにより吐き気が出ます。その他にも分泌される様々なホルモンの影響でつわりの症状が起こるといわれています。つわりには吐き気の他に食欲不振、においに敏感になる、眠気、心理的不安定、頭痛、便秘や下痢などの症状が見られますが、個人差があります。(看護師)
つわりは胎盤ができあがってくる18週ごろにはおさまる傾向にあります。赤ちゃんがいることが確認できているのであれば、胎盤ができ、育っている証拠にもなると思います。(産科・婦人科看護師、助産師)

つわりのときは無理に食べなくても大丈夫、辛いときは無理せず医師に相談してください。

つわりのときは、水分補給ができていれば無理に食事をしなくても大丈夫です。ただし、症状が辛いときは無理せず医師に相談するようアドバイスがありました。

吐き気が強く食事できない場合は、食べられるものを食べられるときに食べるようにしてください。水分もこまめに摂取するようにします。どんな食べ物も飲み物も受け付けない場合は、脱水になる恐れがあるので産婦人科に受診し点滴をしてもらうことをおすすめします。(看護師)
つわりの間は食の好みも変わり、食べられるものもその時の気分でさまざまになりますが、それでも大丈夫です。妊娠初期は、食べられるものを食べてください。水分、食べ物の摂取が困難であり、体重が著しく減る場合は入院で点滴などの処置ができますが、つわりの間ずっと入院することも大変ですので、食べられるものを探すのが大切です。つわりの間も赤ちゃんはちゃんと育つので安心してください。(産科・婦人科看護師、助産師)

つわりは妊娠して胎盤ができる過程で起こると考えられているようです。食事が思うように食べられないなど体調が優れないこともありますが、無理はせず、辛いときは医師に相談して快適なマタニティライフをお過ごしください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加