乳がん

2016/03/25

乳がんの疑いあり?生理後の胸の張り

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

乳がんの疑いあり?生理後の胸の張り

女性の身体は生理の周期によってさまざまに変化します。生理の前に胸が張るというのはよく聞きますが、生理が終わってからの胸の張りというのは、乳がんなどの病気のサインなのでしょうか。

生理についての相談:「生理前ではないのに胸が張る」

22歳です。生理前に胸が張るのはよく耳にしますが、生理終、排卵日前までも胸の張りを感じることがあります。これは正常なのでしょうか。インターネットで調べると、乳がんの疑いもあるようで不安に思っています。最近、体調も悪くストレスを感じているのですが、そういったことも胸の張りの原因になりますか。(20代・女性)

生理前後の胸の張りについて

専門家によると、胸の張りが生理の前なのか後なのかによってその理由は異なるようです。まずは、その大まかな違いを知っておきましょう。

生理前に胸が張るのは、女性が子どもを妊娠し出産できるように身体が準備をするためといわれていて、エストロゲンやプロゲステロン というホルモンが関係しています。(内科看護師)
月経前症候群(PMS)といって、生理前になると下腹部の違和感や胸の張り、頭痛や吐き気を起こす方がいます。PMSは一般的に生理前3~10日に起こりますが、早い方は12日前、排卵直後から起こる方もいます。生理が始まると治まる方や、生理4日目くらいまで症状が続く方もいますし、その時によって出る時期も症状も異なります。(婦人科看護師)
生理後に胸が張るということはあまりありません。生理のあとに胸が張るのは、ホルモンバランスの乱れなどの影響といえるでしょう。(内科看護師)

そのほかに症状がないか確認する

生理後の胸の張りは、ホルモンバランスの乱れからくるものもあるようです。ただし、生理の周期やほかの症状の有無によっては病院を受診した方がよい場合もありそう。詳しく見てみましょう。

生理は毎月同じような周期で起きているのでしょうか。1週間くらい前後しても一時的なものなら心配ありませんが、生理終了から2週間ほどで次の生理が始まったり、2ヶ月以上、生理が遅れる場合は病院を受診した方がよいでしょう。(婦人科看護師)
生理は環境の変化やストレスにも影響されます。できれば基礎体温を測って、排卵が起きているかチェックした方がいいでしょう。(婦人科看護師)
妊娠の初期症状や更年期、心配していらっしゃる乳房の病気から胸の張りが起こることもあり得ます。質問者さんの年齢を考慮すると、ホルモンバランスの変化からくるものという可能性が高いでしょう。ホルモンバランスはストレスなどで乱れることもあります。日頃からストレスをためないようにすることと、バランスのとれた食事を心がけることでホルモンの分泌を整えましょう。(内科看護師)
胸の張り以外になにか症状はありますか。乳がんかどうかという判断にはなりませんが、やはり年齢が若くても乳がん検診を定期的に受けておくことが大切ですので心配ならば安心を得るためにも婦人科を受診されてみてはいかがでしょうか。(内科看護師)
胸が張るからといって乳がんとは限りませんが、最近は20代のうちから乳がん検査を勧めていますから、心配でしたら乳がん検診も受けてください。(婦人科看護師)

ストレスやホルモンバランスの乱れが原因の場合など、重大な病気とは関係のない胸の張りもあるようですが、そうは言い切れないケースもありそう。気になるようなら、一度病院で相談してみるのが安心といえそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加