イベント・セミナー

やっておきたい!「防災・減災体験型イベント」で対応力を養おう

災害に備えよう

全労済大阪本部では、2016年3月19日(土)枚方市市民会館にて『防災・減災体験型イベント』を開催します。同イベントでは、さまざまな体験ブースを開設、防災意識の向上を目指します。参加費は無料。

「防災・減災体験型イベント」日時:2016年3月19日 10:00~16:00場所:枚方市市民会館(大阪府枚方市岡東町8-33)(プレスリリースより抜粋)

同イベントの目的は、地震への備えについて多くの人に知ってもらうこと。地震・災害に「備える」「守る」「再建する」ことを学びます。

発生が懸念される「南海トラフ地震」への具体的備えとしても身になるイベントです。

さまざまなブース

同イベントでは、「起震車による地震体験」「サバイバル飯炊き」「散乱ガラスの上を歩く体験」「ダンボール寝床づくり」「風車づくり・ぶんぶんゴマ」など、全14の体験ブースが設置されます。

「散乱ガラスの上を歩く体験」では、ガラスが散乱した室内でも歩ける「新聞紙」を使ったスリッパづくりを体験できます。「ダンボール寝床づくり」では、身近なダンボールを使用し、災害時に役立つ技術を学習します。

「風車づくり・ぶんぶんゴマ」や「スライムづくり」では、子どものおもちゃづくりを体験できるため、親子で楽しみながら参加することが可能です。

(画像はプレスリリースより)

参考サイト

全労済大阪『防災・減災体験型イベント』3月19日開催 子どもと一緒に災害に“備える”14の体験ブースで災害時の知識・対応力を養う


2016/03/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部