地域情報

2016/03/23

上尾市、全ての市立保育所に昼寝用ベッドを導入。ツイッターでも話題に。

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

上尾市、全ての市立保育所に昼寝用ベッドを導入。ツイッターでも話題に。

県内初の取り組み

埼玉県上尾市は全市立保育所に午睡用(昼寝用)ベッドを導入する方針を明らかにしました。来年度予算案に当該事業費として1420万円を盛り込んでいます。

上尾市によれば、全ての公立保育所に昼寝用ベッドを導入するのは県内初とのことです。布団からベッドにすることで、アレルギーの原因となるダニの発生を防ぎ、感染症の拡大予防が期待できるとしています。

これまで布団を持ち込むなどしてきた保護者の負担も、おねしょなどで汚れた際の洗浄・消毒をしてきた保育士の負担も昼寝用ベッドの導入で軽減されそうです。

平成28年度は公立保育所(16カ所)に全児童分のベッドが設置(1380台)されます。平成29年度にはベッド設置を希望する私立保育園にまで補助金交付の対象が広げられる予定です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加