話題・時事ネタ

2016/03/23

児童扶養手当、毎月支給へ。野党5党共同提案にツイッターの反応は?

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

児童扶養手当、毎月支給へ。野党5党共同提案にツイッターの反応は?

野党5党の共同提出

民主党、維新の党、生活の党、社民党と日本共産党の野党5党は3月17日、ひとり親家庭に対して支給される児童扶養手当を拡充する改正案を衆議院に共同提出しました。

法案の概要

法案のポイントは3つあります。

第一に児童扶養手当・遺族基礎年金等の支給対象等の拡大です。現行の支給対象に「20歳未満で、大学の学生、専修学校の生徒その他政令で定める学制又は生徒である者」を加えることを提案しています。

第二に児童扶養手当の多子加算額の増額です。現行は第2子5000円、第3子3000円となっている加算額を、第2子以降は一律1万円へと増額するとしています。

第三に支払い回数の増加です。現行年3回の支払いとしているところを、毎月支払いとすることを提案しています。

ツイッター上の反応は…?

emo(@hkemo1)さんは「感動と希望を感じる」とコメント。

弁護士篠田奈保子(@yorisoibengoshi)さんは「与党も反対する理由は無いはず」と可決に期待。

とねぎ けん(@kentiro)さんは「これをきっかけに足を引っ張りあう政治をやめるべき」と注文しています。

一方、yukio(@yuukioosaka)さんのように増税を懸念して、「反対」の意見表明をする人もいます。

政策を競い合うことで国民へのサービスが向上することは喜ばしいことです。増税への懸念を払拭するためにも、財源捻出についてもアイデアを競うことが期待されます。

参考サイト

ニュース「児童扶養手当法及び国民年金法の一部を改正する法律案」を共同で衆院に提出

維新の党 ニュース

生活の党と山本太郎となかまたち 国会活動

社民党ホームぺージ

日本共産党(しんぶん赤旗)ホームページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加