話題・時事ネタ

2016/03/24

子どもの教育費がかからない?!犯罪口座のお金を給付型奨励金に決定!

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

子どもの教育費がかからない?!犯罪口座のお金を給付型奨励金に決定!

現行無利子貸し付けを返済不要の給付型へ

3月17日、金融庁は振り込め詐欺などに使われていたいわゆる「犯罪口座」の残高を犯罪被害者の子供に向けての返済は不要の給付型奨学金として活用することを決めて発表しました。

現行、奨学金は無利子の貸し付け型ですが、利用している人は低所得な人が多いこと、申込者も少ないと言うことで給付型に見直したそうです。

このニュースにTwitterでの反応は?

はざやさんは、お金のことで学校に行けない人が減るのは嬉しいと言います。

広瀬 大悟さんは、素敵なことだと言っています。

一方、否定的な意見や疑問も

幸子 やっぱり都構想(都の仕組み)さんは、根本的な解決にはならないと言っています。

プロデューサーのおちまさとさんは、これが出来るなら他のことも出来そうだと語っています。

他にも、お金の使い道に疑問を持つ人も。実現できたら良いという意見の人が多いですが、実際みなさん複雑なようです。

給付額は?

大学生、大学院生が5万円、高校生は私立で2万5千円、国公立では、1万7千円。大学入学時には30万円の一時金も支給するようです。

今現在借りている人も給付額と同じ額の返済が免除されます。27年度の利用者は約60人ですが、これから、300人に増える見込みです。

ちなみに、「犯罪口座」には、振り込め詐欺などの被害者に返金手続きが終わっても26年度末で約57億円が残っているそうです。

参考サイト

金融庁公式HP

金融庁公式内ニュースリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加