中耳炎

2016/04/02

耳をいじって 泣くのは中耳炎?病院に連れて行くタイミングは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

耳をいじって 泣くのは中耳炎?病院に連れて行くタイミングは?

子どもが耳をしきりと触るようになると、耳が痛いのかとつい気になります。今回は子どもの中耳炎についての相談です。最近、子どもが頻繁に耳をいじっては泣くので、耳鼻科に連れて行った相談者さん。幸い中耳炎ではありませんでしたが、その後も頻繁に耳を触っていて、気が気ではないといいます。どのタイミングで耳鼻科に行くのがよいのでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「頻繁に耳をいじるのは中耳炎でしょうか」

上の子は風邪をひくと中耳炎になります。下の子は10か月ですが、産まれてから2回風邪を引きましたが、まだ中耳炎にはなっていません。最近、頻繁に耳をいじるようになり、泣きながらいじることが続いたので、耳鼻科に連れて行ったところ、耳垢がたまっているだけで、鼓膜に異常はありませんでした。その後も頻繁に耳を触っており、気になってしかたありません。どのタイミングで病院に行けばよいのでしょうか。(30代・女性)

中耳炎の引き金の多くが感染症。風邪を引いたら耳鼻科を受診して

中耳炎の多くは感染症が原因です。風邪を引いたら、そのときに耳鼻科も受診しましょう。

中耳炎は、風邪などの感染症が原因で起こることがほとんどですから、風邪をひいたかなと思って病院を受診する際に、念のため、耳鼻科も受診するとよいでしょう。(産科・婦人科看護師)
耳を触るのは、今回のように耳垢がたまってかゆいのかもしれませんから、定期的に、耳鼻科で耳垢をとってもらうとよいでしょう。(産科・婦人科看護師)

しっかり治療すれば聴力に影響なし。感染症の予防を

5歳くらいまではかかりやすい中耳炎ですが、治療をきちんとしていれば聴力に影響は出ません。家族みんなで感染症の予防を心がけましょう。

小さいお子さんの耳掃除は頻回にする必要はありませんが、沐浴の後、綿棒で耳の外側についた水分や汚れをふき取るようにしてください。(産科・婦人科看護師)
子どもの中耳炎は、5歳くらいまでは繰り返しやすいのですが、しっかり治療を行なっていれば、将来的に聴力障害などは起こしません。予防には、感染症の予防が大切です。お子さんを触る前には手を洗ったり、日頃からうがいや手洗いを行なって、家族も風邪の予防を心がけてください。(産科・婦人科看護師)

中耳炎のほとんどは感染症から起こります。風邪を引いたときに耳鼻科を受診するのがよいようです。日頃から家族みんなで感染症予防に努めましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加