夜泣き

子どもの夜泣き、なんとかしたい!ポイントは?

育児に励むお母さんたちにとって「苦難の定番」といえば、赤ちゃんの「夜泣き」かもしれません。 生後6か月くらいになると、新米ママもずいぶんと育児に慣れてくるでしょう。その頃に起こるのが「夜泣き」です。実は、夜泣きは単に子供が夜泣くことを指しているわけではありません。そのことをご存じでしょうか?

夜泣きとは何か?

原因がわかる場合は、夜泣きとはいいません。 赤ちゃんの生活リズムは大人とは異なるので、夜中でもおむつが濡れて不快であるとか、お腹が空いたといった理由で泣くことはいたって正常です。それらに対処すればすぐ眠るでしょう。 しかし、生後6か月くらいから、泣いている原因がわからず、何をしても泣き続けることがしばしば起こります。これが夜泣きです。どうすることもできず、途方に暮れてしまうお母さんは少なくありません。

夜泣きはなぜ起こる?

では、子供はなぜ夜泣きをするのでしょうか? お母さんのお腹の中にいる時、赤ちゃんには昼夜の区別はなく、寝ている時間と起きている時間にも明確な区別はありません。生まれてからもしばらくは、お乳を飲んでいる時以外はほとんど眠っているという状態が続きます。 そして、次第に寝ている時と起きている時の区別がはっきりするようになり、眠りにもレム睡眠(浅い睡眠)とノンレム睡眠(深い睡眠)が周期的に現れるようになります。夜泣きは、昼も夜も区別がつかない状態から、睡眠サイクルを作る「過渡期」に起こると考えられています。つまり、夜泣きもれっきとした成長の証なのです。

夜中に赤ちゃんが泣き始めたら

そうはいっても、夜泣きしている赤ちゃんを放置するわけにもいきませんよね。 まず、おむつやお乳などの生理現象のケアをして、赤ちゃんの状態を見ましょう。ちなみに、お腹が空いているのと痛がっている場合とでは、泣き方が違うので、その見極めも大事です。 泣いている原因が特に見あたらなければ、抱っこしたり、布団の上からトントンと軽くたたいてみたりして、お母さんがそばにいることを教えて安心させてやりましょう。

見落としがちな「室温」

案外、見落としがちなのが室温です。 寒い季節は特に、風邪を引かせてはいけないと室温を高くしがちですが、赤ちゃんはむしろ、暑すぎて泣いていることがあります。大人が布団をかけて寒くない程度の室温で十分なのです。

昼と夜の区別をつける

夜はなるべく電気はつけないで、昼と夜の区別をつけましょう。 朝になったら日光を浴びさせ、昼間はできるだけ外に連れていくことも大事です。戸外に出るだけで、テレビを見せているのとはまったく違った刺激が得られます。昼間は外からの刺激、夜は静かに寝る、このようなサイクルをできるだけ作って慣れさせましょう。

泣くことは必要!

よく言われることですが、赤ちゃんは泣くのが仕事だと思ってください。 赤ちゃんにとって泣くことは運動にもなるので、泣き疲れれば寝るでしょう。夜に大声で泣いていると「早く泣き止ませなくては!」と焦ってしまう気持ちもわかります。しかし、お母さんが動揺したり不安を感じたりしていると、それが赤ちゃんに伝わってさらに泣くということもあるのです。 できるだけ穏やかな気持ちでいたいものです。

子供の夜泣き !夫にも協力してもらう

お母さんは独りで頑張ろうとせず、夫にも協力してもらってください。 赤ちゃんの夜泣きで寝不足になり、家事に時間が割けないことなど、話して理解してくれるだけでも安心できます。また、休みの前日などは夜の世話を任せて、その日だけはママがゆっくり寝るようにすれば、ずいぶん楽になります。あとから思えば、「ほんの一時のこと」なので、夫婦で協力して乗り切りましょう。


<執筆者プロフィール>
南部洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケア公認講師、株式会社とらうべ社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべを設立


【関連記事】
赤ちゃんの教育 のためにやってはいけない3つのこととは?
ベビーマッサージ のやり方
赤ちゃんが泣き止まない 時はどうしたらいい?

2016/03/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部